ブッチャーズ・射守矢雄×fOUL・平松学による1stアルバムが完成

twitterツイート

bloodthirsty butchersのベーシスト・射守矢雄とfOULのベーシスト・平松学によるインストユニット「射守矢雄と平松学」が、1stアルバム『センボウノゴウ』を2015年2月4日に発売することを発表した。

◆射守矢雄と平松学 『センボウノゴウ』予告編映像

バスドラを挟んでベーシスト2人が対峙するという異色の低音構成からなる本ユニット。射守矢雄は和音とアルペジオを多用した独特の奏法で“ブッチャーズをブッチャーズたらしめた”とも言うべきベースサウンドを鳴らし、四半世紀以上にわたりバンドの屋台骨を支え続けたキャリアを持つ。平松学は札幌在住時に射守矢の薫陶を受け、我が道を行く独創的なベーシストとして確固たるポジションを築いた。

互いに認め合うふたりが鳴らす楽曲群はアバンギャルドな佇まいからは想像もつかないメロディアスで普遍的なロックであり、アルバムは両バンドのファンはもちろんポストロックファンやベースファンにも広く受け入れられる1枚に仕上がっている。

また、レコーディング風景を収めた予告編映像もYouTube上で公開を開始した。短い尺ではあるが、2人の創りだす世界感や雰囲気を感じてほしい。


アルバム『センボウノゴウ』

2015年2月4日発売
KICS-3159 定価¥2,800+税
発売・販売:キングレコード株式会社
【曲目】
1.small world
2.Gyaspi
3.dissound the blues
4.Mrs. JASCO
5.B-teamのテーマ
6.センボウノゴウ
7.KING
8.ドサンポ
9.core mode
10.Octopus
11.Robin popinica
12.Men who work alternately

【Guest】
小松正宏(bloodthirsty butchers, FOE, SOSITE, Crypt City):Drums, Percussion
斉藤裕子(acoustic dub messengers):Violin
沙知(ハリネコ):Keyboard, Piano)
青木順一:BaritonVoice
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報