バンド・エイド30、レコーディングでスターが結束

twitterツイート

土曜日(11月15日)、ロンドンのSarm Studiosでバンド・エイド30のレコーディングが行われた。4度目のリリースとなるシングル「Do They Know It's Christmas?」の収益は、エボラ出血熱の対策活動に寄付される。

◆バンド・エイド30画像

ボブ・ゲルドフはスタジオに集まったアーティストを前に、彼いわく「校長先生のように」、「西アフリカの状況を説明し、国連がなんて言っているか、僕らに何ができるのか話し、彼らを焚きつけた」という。

最新ヴァージョンはワン・ダイレクションの歌声で始まり、1984年ヴァージョンでボノが歌った「Well tonight thank God it's them instead of you」の部分が「Well tonight we're reaching out and touching you」になるなど、歌詞の一部が変更された。

レコーディングにはボブ・ゲルドフ、ミッジ・ユーロ、ワン・ダイレクション、U2のボノ、クイーンのロジャー・テイラー、コールドプレイのクリス・マーティン、エド・シーラン、サム・スミス、オリー・マーズ、シール、リタ・オラ、クリーン・バンディット、エリー・ゴールディング、エミリー・サンデー、パロマ・フェイス、エルボー、シネイド・オコナー、バスティル、ジェシー・ワイア、アンジェリーク・キジョーらが参加。アデルのコラボレーターとして知られ、彼女と共に「Skyfall」でアカデミー賞最優秀オリジナル・ソングを受賞したポール・エプワースがプロデュースした。またBBCによると、アンダー・ワールドとディスクロージャーがリミックスのためスタジオ入りしたという。

英政府は、シングルの売り上げに税金を課さないと決断したため、収益の100%が支援活動へ寄付される。

「Do They Know It's Christmas?」は日曜日夜(11月16日)英国で放送される『The X Factor』でミュージック・ビデオが公開された後、月曜日午前8時にダウンロード・リリースされる。

バンド・エイド30の「Do They Know It's Christmas?」の歌詞は以下の通り。

It’s Christmas time - And there’s no need to be afraid
At Christmas time - We let in light - and banish shade
And in our world of plenty - We can spread a smile of joy
Throw your arms around the world
At Christmas time

But say a prayer - Pray for the other ones
At Christmas time - It’s hard but while you’re having fun
There’s a world outside your window - and it’s a world of dread and fear
Where a kiss of love can kill you - and there’s death in every tear
And the Christmas bells that ring there - are the clanging chimes of doom
Well tonight we’re reaching out and touching you

No peace and joy this Christmas in West Africa
The only hope they’ll have is being alive
Where to comfort is to fear
Where to touch is to be scared
How can they know it’s Christmas time at all

Here’s to you
Raise a glass to everyone
And here’s to them
And all their years to come
Let them know it’s Christmas after all

Feed the world - Let them know it’s Christmastime again
Feel the world - Let them know it’s Christmastime again
Heal the world - Let them know it’s Christmastime again

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報