吉井和哉、日本コロムビアへ移籍で18年ぶりTRIADレーベルに復帰&シングル発売決定も

twitterツイート

吉井和哉が、日本コロムビア内のTRIADレーベルに正式移籍することを発表。移籍第1弾として、2015年1月28日にニューシングルをリリースすることが明かされた。

11月19日にキャリア初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』をリリースする吉井和哉だが、移籍先となるのは、今回のカヴァーアルバムの発売元でもある日本コロムビアだ。また、TRIADレーベルは、1981年5月に日本コロムビア内に発足したレーベルであり、1990年代はTHE YELLOW MONKEY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ZIGZOをはじめ、数多くの優れたロックバンドが所属していた。2007年以降は実質上の休眠状態となっていたが、今回、吉井和哉の移籍を契機に、7年ぶりにレーベル復活が果たされることになった。吉井和哉にとっては、THE YELLOW MONKEY時代の1996年にレーベルを移籍して以来、18年ぶりの“TRIAD復帰”となる。

そして、TRIADレーベルから2015年1月28日に移籍第1弾シングルをリリースすることも発表され、吉井和哉の18年ぶりのレーベル復帰を祝うべく、「Welcome back to TRIAD」と題した一大キャンペーンが実施されることも告知された。現在、キャンペーンの具体的な内容は明らかにされていないが、来週11月25日から企画がスタートするとのことなので、本日公開された吉井和哉特設ページをチェックしてみよう。

さらに、11月21日(金)の22:00より、『吉井和哉のオールナイトニッポンGOLD』が生放送でオンエアされることも決定した。この番組では、カヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』の発売を記念し、オールナイトニッポンに8年ぶりに吉井和哉が生出演する。カヴァーアルバムからの楽曲をオンエアする他、本人セレクトによる昭和歌謡の名曲等を、生放送スタジオに用意したアナログプレイヤーにてオンエアしていくというから楽しみだ。カヴァーアルバムについて、さらには発表されたばかりの移籍第1弾シングルについて、本人が生で語る場所はここだけとなる。リスナーからの質問コーナーやクイズなども予定されているので、ファンは絶対にお聴き逃しなく。


ニッポン放送 『吉井和哉のオールナイトニッポンGOLD』

ネット局:ニッポン放送をキーステーションに全国18局ネット
日時:11月21日(金)22:00-23:30 (生放送)
番組HP:http://www.allnightnippon.com/gold/

吉井和哉 TRIAD移籍第1弾シングル

発売日:2015年1月28日(水)
品番:COCA-16967
価格:¥1,200+税
発売元:日本コロムビア / TRIAD
■日本コロムビア 吉井和哉TRIAD移籍第1弾シングル特設ページ
11月25日(火)正午より、“Welcome back to TRIAD”キャンペーン実施
特設ページ:http://columbia.jp/yoshiikazuya/

Cover Album『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』

2014年11月19日発売
COCP-38893 ¥3,000+税
アナログ/COJA-9285 ¥3,800+税 (初回生産限定)
発売元:日本コロムビア
収録楽曲:(年代順/収録曲順は後日公表)
「真赤な太陽」(1967年)/美空ひばり
「人形の家」(1969年)/弘田三枝子
「噂の女」(1970年)/内山田洋とクール・ファイブ
「襟裳岬」(1974年)/森進一
「あの日にかえりたい」(1975年)/荒井由実
「SPINNING TOE HOLD」(1977年)/クリエイション
「ウォンテッド(指名手配)」 (1977年)/ピンク・レディー
「おまえがパラダイス」(1980年)/沢田研二
「さらばシベリア鉄道」(1981年)/大滝詠一
「夢の途中」(1981年)/来生たかお
「百合コレクション」(1987年)/あがた森魚

<YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~>

2014年12月28日(日) 日本武道館
Open 17:30 / Start 18:30
指定席¥7,000(税込)
※ステージサイド・バックスタンド席を含みます。
立見7,000円(税込)
チケット発売:11月29日(土)10:00より各プレイガイドにて発売開始
[問]:SOGO TOKYO 03-3405-9999 http://sogotokyo.com

◆吉井和哉 オフィシャルサイト
◆吉井和哉TRIAD移籍第1弾シングル特設ページ
◆「ROVIN STREET」 サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon