上野耕平がサクソフォンの世界最高峰コンクール「第6回アドルフ・サックス国際コンクール」第2位受賞、22日には楽器フェアに出演

ツイート

▲第6回アドルフ・サックス国際コンクールで2位を受賞した上野耕平(左)と6位の田中拓也。(C)共同。

ベルギーで開催されたサクソフォンの世界最高峰コンクール「第6回アドルフ・サックス国際コンクール」で、サックス奏者、上野耕平が第2位を受賞した。

上野耕平は東京藝術大学音楽学部器楽科4年次に在学中の22歳。これまでに第12回ジュニアサクソフォンコンクール第1位、第7回日本ジュニア管打楽器コンクール金賞、同第10回金賞、第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において第1位ならびに特別大賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞)を受賞するなど輝かし経歴を持つ。

「アドルフ・サックス国際コンクール」は、サクソフォンの国際コンクールでは最も権威あるものの一で、サクソフォンを発明したアドルフ・サックスの生誕地であるディナンで4年ごとに開催されている。第6回となる今年は上野耕平が2位、洗足学園音楽大非常勤講師の田中拓也が6位となった。

今回の第2位受賞について、上野氏は自身のFacebookに「皆さん応援ありがとうございました。自分の演奏に対しての悔しさはありますが… 結果に対しては悔しいというのはありません。でもいちばん大事なことは、聴いてくれた人達が『本当によかった』と言ってくれたことです! それに関しては音楽家として本当に幸せなことです!!」とコメントを寄せている。

帰国後は、11月15日に行われた「四日市ブラスジャンボリー」に続いて、11月22日に東京ビッグサイトで行われる楽器フェアでのステージにゲスト出演。「JAZZ&CLASSIC SAXOPHONE‐ジャンルを超えた若き才能溢れるステージ‐」と題し、ヤマハミュージックジャパンのブースで、同じく若手サクソフォン奏者の中島あきはとコラボレーションを披露する。

<JAZZ&CLASSIC SAXOPHONE‐ジャンルを超えた若き才能溢れるステージ‐>
日時:11月22(土) 14:00~14:30 開場:14:00
整理券:なし
場所:楽器フェア ブース内(F-01)
出演:上野耕平、中島あきは(サクソフォン)

◆上野耕平 | Facebook
◆上野耕平(日本コロムビア)
◆楽器フェア 上野耕平 出演ステージ
◆ヤマハミュージックジャパン 楽器フェア イベント情報
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報