エミリー・サンデー、離婚の経験をビッグ・バラードに

ツイート

17歳のときからのボーイフレンドと8年の交際を経て結婚したものの、1年足らずで離婚することになったエミリー・サンデーが、その辛い経験をもとに曲を作った。プロデューサーのノーティ・ボーイによると、マライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンのバラードに匹敵するパワフルなものだという。

◆エミリー・サンデー画像

Contactmusic.comによると、ノーティ・ボーイはこう話したそうだ。「胸が張り裂けるような曲だ。素晴らしいよ。本物のマライア、ホイットニー・モーメントがある」

先日、離婚していたことを明かしたエミリーは、「みんな、私がおかしくなったって思った。“離婚ってなに? 私たちみんな、数か月前結婚式に出たばかりじゃない!”って言われたわ。でも、私の中のなにかが“これは私の人生じゃない。誰か別の人の振りをしている”って言っていたの」と話していた。

「アダムと私は17のときから一緒にいた。私のたった1人のボーイフレンドだった。この10年一緒にいた唯一の人だった。だから、結婚というより彼との関係を失ってしまったのが、私にとってものすごく辛いことだった」

エミリーは2012年9月に科学者だという彼と結婚。その1年後に離婚したという。

デビュー作『Our Version Of Events』が2012年UKで最も売れたアルバムとなり、66週間ずっとトップ10入りをするなど大成功したエミリーは、現在、2ndアルバムを制作中。2015年のリリースが予定されている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報