【再考レポ】PIERROT、<DICTATORS CIRCUS FAINAL>二日目「またこんな時がきっと」

ツイート

突然の解散発表から8年の月日を経て実現した<DICTATORS CIRCUS FINAL>は10月25日にさいたまスーパーアリーナにて最終日を迎えた。初日となる10月24日公演のサブタイトルは“I SAID「HELLO」”、2日目は“BIRTHDAY”。先ごろ、この2日間を全曲収録した映像作品リリースが発表となったばかりだが、ここで改めて最終日のステージの模様を未公開写真とともにレポートしたい。PIERROTの未来について、ついに言及したMCもできる限り詳細に。

◆PIERROT 拡大画像

開演時間の16時にほぼオンタイムで暗転。2日目の幕開けは、白い羽根がLEDスクリーンに舞い落ちる演出の中で披露されたスケール感たっぷりのメロディアスなナンバー「HEAVEN」だ。続いて「新月」と最初の2曲からして、初日とはまったく異なるセットリストとなった。ここから「ENEMY」「Adolf」「脳内モルヒネ」と脳内アドレナリンが噴出する攻撃的ナンバーが立て続けに演奏され、キリトを挟んでアイジ、潤がセンターに集結する見せ場も。

初日と違っていたのはセットリストだけではない。最上階までギッシリのオーディエンスはキリト、アイジ、潤、KOHTA、TAKEOの5人がPIERROTとしてステージに立っているという事実を戸惑うことなく、しっかり受け止めた上で熱い声援を送り、メンバーも一体感と集中力を増した演奏で1曲1曲を噛み締めるように届けていく。アイジの太いギターサウンドが復活前とは明らかに違う「真っ赤な花」では幾つものモニターがバラで埋めつくされ、ラストオリジナルアルバムとなった『FREEZE』から喪失感が漂う切ないナンバー「深い眠りが覚めたら」、祈るようなポーズでキリトが歌った「ANSWER」と中盤ではじっくり聴かせる曲たちが選ばれた。

ほぼ定位置から動かずに演奏に集中する楽器陣。両日とも足を運ぶ人たちのためにも1曲でも多くPIERROTの歴史を彩ってきた曲たちを届けたいという5人の想いが伝わってくる。ヘヴィでダークなイメージが強いバンドだが、練られたメロディとアレンジはポップな側面を持ちながらもプログレッシブで、独自的としか言いようがなく、彼らが後のバンドにいかに強い影響を与えたかに改めて想いを馳せるステージングが展開されていく。タイトルどおり張りつめた緊張感が空間を支配する「神経ガワレル暑い夜」が披露され、キリトが煽った。

「会場が広いからなのか、キミたちが感動を長引かせているからなのか、今いち狂いっぷりが伝わってこない。ぶつけてこいよ! 昨日に引き続き、今日はやっちゃうから。キミたちも十分、やり方はわかってるだろうから、いろんなものぶっ壊すように。モノじゃないぞ(笑)。自分を壊せ! (客席を見上げて)いちばん上! よっぽど、ぶつけないと俺から見えないぞ。自己主張、よろしくお願いします。ガンガン、ぶっ壊れてください! 少年少女!」

笑いを混ぜつつ、テンションを上げて、次の曲へと繋げていくエンターテインメントな煽りも全く変わらないキリト節。「少年少女!」と来たら、“ブチきれそうなヤバすぎる少年少女達よ”と挑発する「ネオグロテスク」が来るということはピエラーなら、とっくに承知だ。集結した18,000人を興奮の渦に叩きこんで、ジャジーなイントロに大歓声が上がった「夕闇スーサイド」ではゲストのサックスプレーヤーと最高にゴキゲンなジャムセッションが繰り広げられた。大盛り上がりの中、1stアルバム『FINALE』収録曲で疾走感たっぷりの「MAGNET HOLIC」のイントロが鳴らされると大歓声。ギターソロのあとにフィーチャリングされるベースに“KOHTAコール”が起こり、PIERROTの数々のライヴが脳裏をよぎった。

もちろん、会場には彼らのステージを初めて見た人もたくさんいただろう。が、解散に胸を痛めていた人たちにとって8年の月日が一瞬にして埋まり、抱いてきた気持ちを解放させたのが2日目のライヴだったように思う。KOHTAのベースの音がイントロで出なくなるハプニングもモノともせずに「MAD SKY-鋼鉄の救世主」へとなだれこみ、キリトが「出しきっちゃえよ! (客席との)距離があるから、俺が何か言ったら2秒ぐらい早めに食い気味で来てね。行けるだろ!?」と煽ると、場面が切り替わるような希望が射しこむ「薔薇色の世界」へ。潤とアイジがスロープを走ってポジションを入れ変わり、キリトとアイジが背中合わせで絡むなど見逃せないシーンの連続だ。TAKEOの本能を呼び起こすドラミングが冴え渡る「ATENA」ではKOHTAもスロープを走り、開放的な空気が充ちる中、記念すべきデビューシングル「クリア・スカイ」で本編は終了した。

彼らを呼ぶ声は徐々に大きくなり、アンコールのしょっぱなは名バラード「ラストレター」。イントロで悲鳴のような歓声が沸き起こった。最終日のサブタイトルでもある祝福の曲「BIRTHDAY」では、“そこにいるだけでいいから”と歌う箇所でキリトが客席を指さし、さらに解放のベクトルへと向かう「SUPER STRING THEORY」が鳴らされた。メンバー紹介では復活2デイズも終焉に近づく中、5人の想いが語られた。

「みんな暴れてますか? 気持ちいいですか? 僕も気持ちいいです。もっとイッちゃおうよ。俺たちならイケるでしょ? オマエら最高です!」と煽るTAKEO。

「何もかも忘れてこうやってみんなで楽しめるアリーナ、こんな場所もたまにはアリーな」とまさかのダジャレを飛ばし、「今、兄と潤がすごい目で見てました」とのKOHTAのMCに会場は爆笑の渦。

前日に「黄色い声が大好きな人」とキリトに言われた潤は、「黄色い声!」と簡略化して紹介され、キャーッという声援に応え、「黄色い声をありがとう。がんばって出してる人もいると思いますが(笑)。すげえな、この空間。歳月がたって、ちょっとウルッとくるかと思ったんですけど、こねえな。みんな、いい顔してるからさ。この会場がこれだけ1つなんだから、俺たちの心と心は1つでしょう。俺たちがPIERROTだ。オマエたちもPIERROTだ!」テンション高めでもちろん、この日も「愛してるぞ!」と叫んだ。

そしてアイジは「昨日今日と最高の眺めをホントにありがとうございました! それぞれ、メンバーも年をとり、大人になり、ホントにいい緊張感の中でバンドらしくできた2公演でした。最高だったとしか言いようがないです。こういう機会を作ってくださったスタッフのみなさんと、ここに集まっていただいたみなさんに感謝」と何度もお礼の言葉を述べていたのが印象的だ。

最後に潤から紹介されたキリトは会場を見渡しながら「今の僕の心境は言葉なんていらないです。俺がしゃべる言葉はキミらが自分で想像するもの。そして、その言葉を自分のために活かして、“明日からもキリトってやっぱりすごかった”と」と笑わせながら、「昨日も言いましたが、PIERROTでこうしてライヴをやってもなんか久しぶりな気がしなくて、いつも通りの光景な気がします。昨日今日と本当に素晴らしい時間でした。これから先のことは何も決まっていないし、何も約束できません。過ぎてしまったことを語る気はないし、大切なことは今、現在だと思います。ただ、何の約束はできないですが、PIERROTというバンドはここで終わりだということも言いません。いつ、何をしでかすかわかりませんが、そこに理由を求めてもムダだということも覚えておいてください(笑)。でも、1つ言えるのは俺自身もステージに立ってどういう気持ちになるのかわからなかったけれど、この5人のPIERROT、最高だなと心の底から思ってます! そして、支えてくれてきたキミたちも誇りです。どうもありがとう!!」と、ついに核心部分に触れた。

<DICTATORS CIRCUS FINAL>が本当の終わりを意味するライヴではなかったこと、約束は存在しないけれど、5人がPIERROTとして再び集結したことが未来へと繋がっていくということ、それらを噛み締めて惜しみない拍手を送るオーディエンス。心酔したバンドが長い月日を経て今の自分たちに誇りを持っているという事実は5人と同じく成長して、会場へと足を運んだファンを何よりも喜ばせたのではないだろうか。

「ドラキュラ」「SEPIA」、銀テープが放たれた「HUMAN GATE」が演奏され、再びキリトが口を開いた。それはこの復活公演で彼がいちばん伝えたかったことでもあった。

「想像できないぐらい夢のようなことが実現しました。今日やったような曲たちをまたやれると僕も思っていませんでした。必死に前に向かって今を大切にして生きていれば何があるかわからない。俺にとってもみんなにとっても夢のような出来事だったと思います。8年間、あの日以来、時間が止まったままの人もたくさんいたんだろうか?と思っていました。そういう人たちの呪縛が少しでも解けたらいいなと思います。そして、お願いがあります。この感覚を噛み締めて、明日からは今を生きてください。俺たちも大切な帰るべき今に帰ります。また命がけで明日も明後日もその先も過去でもなく、未来でもなく目の前にある“今”を抱きしめながら生きていきます」

静まりかえり、キリトのひと言ひと言に耳を傾けるオーディエンス。

「いつの日だったか、2度と歌えないと思いつめていた曲が、またこの5人で演奏できます。噛み締めながら歌いますので、キミたちも一緒に。PIERROT、最高です。俺にとっても誇りです。これからもそれを胸に生きていきます。そして、またこんなときがきっとやって来ると信じています」

アンコール最後の曲名「CHILD」が告げられたとき、あちこちですすり泣く声が聞こえた。会場に響くみんなの歌声。あのときと同じ光景だけれど、決して同じではない。お互いに乗り越えてきた日々の中で、生きていく意志を刻み、“新しい命を産み落としていて このホシが諦めるまで”と歌うこの曲がこれまでに感じたことのない説得力で迫ってきた。

想定外のアンコールに応え、急遽、「蜘蛛の意図」を演奏し、ステージを去ったPIERROT。約束は交わされなかったが、会場を出ていく人たちは一様にすがすがしい表情をしていた。そのことが、この奇跡の2DAYSのすべてを物語っている気すらした。

取材・文◎山本弘子


■映像作品『DICTATORS CIRCUS FINAL
2014. 10. 24 - I SAID 「HELLO」-
2014. 10. 25 - BIRTHDAY –
at SAITAMA SUPER ARENA』
受注期間:2014/11/25(火)10:00 ~ 2015/1/26(月)23:30
発売日:2015/3/11(水)
【豪華スペシャルBOX仕様(2days全曲完全収録+メイキング映像)】
・DVD(10/24,25 全曲完全収録DVD4枚+メイキングDVD1枚映像 計5枚入)¥20,000+税
・Blu-ray(10/24,25 全曲完全収録Blu-ray2枚+メイキングDVD1枚映像 計3枚入)¥22,000+税
※豪華スペシャルBOX仕様は、両日完全収録(収録曲は通常盤と同様)+BOX仕様ならではのメイキング映像付

■映像作品『DICTATORS CIRCUS FINAL
2014. 10. 24 - I SAID 「HELLO」-
at SAITAMA SUPER ARENA』
受注期間:2014/11/25(火)10:00 ~ 2015/1/26(月)23:30
発売日:2015/3/11(水)
【通常盤(10/24 LIVE全曲収録)】
・DVD(10/24 LIVE全曲完全収録DVD 計2枚入)¥7,800+税
・Blu-ray(10/24 LIVE全曲完全収録Blu-ray 計1枚入)¥8,800+税
01.HELLO
02.PIECES
03.PSYCHEDELIC LOVER
04.ENEMY
05.Adolf
06.脳内モルヒネ
07.トリカゴ
08.壊れていくこの世界で
09.REBIRTH DAY
10.PURPLE SKY
11.COCOON
12.AGITATOR
13.ネオグロテスク
14.ゲルニカ
15.MAD SKY-鋼鉄の救世主-
16.MYCLOUD
17.ATENA
18.CREATURE
[ENCORE]
01.THE LAST CRY IN HADES(NOT GUILTY)
02.鬼と桜
03.HILL-幻覚の雪-
04.満月に照らされた最後の言葉
05.*自主規制
06.蜘蛛の意図
07.SEPIA

■映像作品『DICTATORS CIRCUS FINAL
2014. 10. 25 - BIRTHDAY –
at SAITAMA SUPER ARENA』
受注期間:2014/11/25(火)10:00 ~ 2015/1/26(月)23:30
発売日:2015/3/11(水)
【通常盤(10/25 LIVE全曲収録)】
・DVD(10/25 LIVE全曲完全収録DVD 計2枚入)¥7,800+税
・Blu-ray(10/25 LIVE全曲完全収録Blu-ray 計1枚入)¥8,800+税
01.HEAVEN
02.新月
03.ENEMY
04.Adolf
05.脳内モルヒネ
06.トリカゴ
07.真っ赤な花
08.深い眠りが覚めたら
09.ANSWER
10.PIECES
11.神経がワレル暑い夜
12.ネオグロテスク
13.夕闇スーサイド
14.MAGNET HOLIC
15.MAD SKY-鋼鉄の救世主-
16.薔薇色の世界
17.ATENA
18.クリア・スカイ
[ENCORE ]
01.ラストレター
02.BIRTHDAY
03.SUPER STRING THEORY
04.ドラキュラ
05.SEPIA
06.HUMAN GATE
07.CHILD
[W.ENCORE ]
01.蜘蛛の意図

<購入方法>
01).HMV ONLINE
PC http://www.hmv.co.jp/pr/pierrot
MOBILE http://m.hmv.co.jp/pr/pierrot

02).全国のローソン/ミニストップに設置されている店内端末「Loppi」ローソン・ミニストップ店内
Loppi端末TOP・「各種番号をお持ちの方」ボタンより、ご希望商品の商品番号を入力し、手続き完了後、店内のレジにて30分以内に商品代金のお支払いをして下さい。お渡し日以降にお申し込み店舗でのお渡しとなります。
【豪華スペシャルBOX仕様】[DVD] 111778 / [Blu-ray] 113600
【通常盤(10/24 LIVE全曲収録)】[DVD] 128234 / [Blu-ray] 138099
【通常盤(10/25 LIVE全曲収録)】[DVD] 138174 / [Blu-ray] 139876

03).HMV店舗
PC http://hmv.co.jp/st/list/
MOBILE http://m.hmv.co.jp/8_100

◆PIERROT BARKS内特集ページ
◆PIERROT 特設サイト
◆PIERROT オフィシャルYouTubeチャンネル
◆PIERROT オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス