【イベントレポート】BUMP OF CHICKEN、初の映画作品トークショーで「皆さんに見てもらえることが本当にうれしい」

ツイート

BUMP OF CHICKENの初の映画作品『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』の公開を記念して、公開初日となった12月5日、東京 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにてスペシャルトークショーが開催された。

◆『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』 トークショー 画像

本映画は、BUMP OF CHICKENが2014年4月から7月にかけて行い、25万人を動員したライブツアー<WILLPOLIS 2014 >を追ったドキュメンタリーと、ツアー・オープニングアニメーション映像の完全版『WILLPOLIS』という、二部構成で製作された作品。この日のトークショーには、BUMP OF CHICKENのメンバー藤原基央(Vo&G)、増川弘明(G)、直井由文(B)、升秀夫(Dr)と、アニメーションを手掛けた山崎貴監督が登場した。

冒頭、このトークショーの司会を務める鮎貝 健氏から、10月末に映画『寄生獣』の舞台挨拶にて山崎監督とBUMP OF CHICKENが一緒に登壇したことを踏まえ、「場慣れしたってことで、今日はいろんな話を聞いていきます」と話が振られると、すかさず「(まだ)2回目!」と直井がツッコミを入れ、場内から笑いを誘う。藤原は「こういう時にマイクを持っていない手はどこに置いたらいいかわからない」と話しながらも、リラックスした表情を見せ、和やかな雰囲気の中、トークショーがスタートした。

初の映画作品について質問された藤原は、「映画が決まったときは、他人ごとのようにしか思えなくて、“我々の映画?それは誰が見るんですか?”といった感じだった。でもこうして見に来てくださっているお客さんのお顔を見ることができてうれしくて。山崎監督が作ってくださったアニメとか、皆さんの支えによってできたツアーとか、そういうものを“こういうふうにできたよ”って見ていただける作品になったと思います」と期待を煽る。

また、升は、「さっき舞台裏にいたんですが、映画が終わった後にお客さんが拍手をしてくれていて、うれしかった。ライブとは違うので、どういう反応が出てくるのか気になっていたんですけど、グッズのTシャツを着てくれているお客さんとかもいて。映画なんですけど、ライブ感のあるものになったんじゃないかなと思います」と喜びのコメントをした。

途中には、アニメーションでモーションキャプチャーと声優を担当した、俳優の松坂桃李からのメッセージ映像が流れ、メンバーもスクリーンに注目する。松坂は、「山崎さんとバンプのメンバーの皆さんは穏やかな空気感が非常に似ている」、「すごく素敵な方に出会えたと心から思っています」とコメント。松坂のメッセージにうれしそうな様子を見せた直井は、「全身タイツ姿の松坂桃李くんと杏さんを見たんですけど、全身タイツって、モジモジくんになるじゃないですか。でも杏さんと桃李くんが並ぶとすごく綺麗で。そこで“僕も着たい”とは言えなかったです。でも監督、僕あれ着たいっす!」と山崎監督にお願いをした。

また、山崎監督へのオープニング映像のオファーについては、藤原が「<WILLPOLIS 2013>ツアーの前に、焼肉店でミーティングしている際、“オープニングを山崎監督にお願いしてはどうだろうか”というアイデアが浮かび、焼肉店まで来てもらって、その場で生オファーしました」と明かす。そのオファーを受けたときのことを山崎監督は、「ナムルしか残ってなかった(笑)」と答えながら、“バンドがやりたいというのならやろう”と快諾したという。「面白いことが飛んでくるのでこちらも面白いことを返す」と、バンドとのクリエイティブな関係も話した。

さらに山崎監督は、BUMP OF CHICKENの印象や変化について、「常に新しいことに挑戦しているし、いろんな世界を広げていっているのはすごいと思うけど、等身大の彼らは何も変わっていない。基準点がちゃんとあるのがいい。ブレていないです」と、改めてバンドの魅力を語った。

『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』では、劇場限定グッズも用意されており、デザインを担当した直井は、「チーム感が出ればいいなと思って。ライブに来てくれる人は、一緒にライブを作っている仲間。この劇場版の映像を家で見るときにも、このロンTを来て見てもらえるとうれしいなと思い、作りました」と語り、パンフレットについては増川が、「みんなが手にとってうれしくなってもらえるように、デザイナーと打ち合わせをしました。銀のフィルムを使った凝った作りになりました」とそれぞれこだわりを教えてくれた。

最後は藤原が、「今日来てくださった皆さま、ありがとうございました。いつも皆さまに支えてもらって、これまでいろんなことをやってこれたと思います。今回も皆さんのおかげであんな素敵なオープニングをもってして、こんな素敵なツアーをまわることができました。皆さんに見てもらえるのが本当にうれしいです。これからもよろしくお願いします」と感謝を伝え、トークショーを締めた。

映画『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』は、12月5日から12月19日まで、2週間限定で上映される。また、2015年2月4日には、この映画を収録したBlu-ray &DVDがリリースされる。

『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』

2014年12月5日(金)より、2週間限定ロードショー
出演:BUMP OF CHICKEN
藤原基央 増川弘明 直井由文 升秀夫
[CG アニメーション]
監督:山崎貴
出演:松坂桃李、杏、水田わさび、山寺宏一、平幹二朗
キャラクター原案:Moebius
CG 制作:白組
制作プロダクション:ROBOT
[ドキュメンタリー]
監督:番場秀一
インタビュー:鹿野 淳
監督補:野村徹
制作プロダクション:祭
Produced by:MOR
製作:稲葉貢一 / 野村達矢
プロデューサー:吹野史斉、浅田幸彦、上野裕平、鳥居太郎
配給:東宝映像事業部 (C)TOY’S FACTORY / LONGFELLOW

◆BUMP OF CHICKEN オフィシャルサイト
◆『BUMP OF CHICKEN“WILLPOLIS 2014”劇場版』サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス