【インタビュー】DIR EN GREY、バンドの“核”に迫った本能的な音を追求した最新アルバム『ARCHE』を薫が語る

ツイート

■「新しいDIR EN GREYです」っていう思いが今回強いんです
■だから、そこに居座ってたらいけないっていう
■「人に伝える」ということをとても重要視している


▲薫
▲Toshiya
▲Shinya


──「Behind a vacant image」は、「禍夜想」から始まる組曲の最終章のように感じられました。テンポ感が近いということもあって。

薫:そう言われればそうかも。この曲のエンディングがすごく気に入っていて、ドラマティックに終れているという感じでは、つながっているように聞こえるかもしれないですね。

──ドラマティックな「空谷の跫音」は、今回のアルバムの中でもっとも長尺な曲です。それでも6分未満ですけど。

薫:本当に初期の段階でできた曲で、形になったのも一番早かった。それが、ある程度形になった時に、なんか「っぽいなぁ」と、思ってしまったんですよね。

──これまでもあった感じだな、と?

薫:いや、ない感じにはなっていると思うんですよ。でも曲の雰囲気がDIR EN GREYっぽい、俺っぽいよなと。それがきっかけで、その後の曲作りですごく悩むことになって。これまでなかったものを作ろうと思って作ったのに、すごく「っぽい」ものに仕上がってしまったために、「このままいったらすごく予定調和なアルバムになりそうやな」って。

──いわゆるスランプですね。どうやって打破したのですか?

薫:もうわかんなくなりましたね(笑)。また曲に足して足してみたいなことをやり過ぎたり、あちこちに行ってはメンバーに「もうちょっとこっち戻っておいで、行きすぎやで」と、引っ張って戻されたり(笑)。曲としてはすごく自信があるいいものに仕上がっているんですけど。よく聴き込んでくれているコアな人たちは「これまでとちがうな」と感じても、ちょっとしか聴いてない人が聴いたら「いつものDIR EN GREYやんか」ってなるんじゃないかなって。そこにもちゃんと届けたいんですよね。「いつもの感じじゃないよ、新しいDIR EN GREYです」っていう思いが今回強いんですよ、俺。だから、そこに居座ってたらいけないっていう。「人に伝える」ということをとても重要視しているので。

──「The inferno」は、題名のとおり、今回もっとも地獄してる曲ですね。

薫:そうですね(笑)。地獄してるものを地獄してますねって言われると恥ずかしいですけど(笑)。この曲がなかったとしてもアルバムとして成立すると思います。もう単純にガーッとなる激しい曲がなかったので「じゃあ作ろう」って、最後の方にパッと作って。

──そしてラストの「Revelation of mankind」。1曲目の「Un deux」とは違う形での、アルバムの総括のようにも感じました。

薫:なるほど。これは1曲目かケツか、って言ってたんですよ。この曲が1曲目の場合、最後は「空谷の跫音」かなって言ってて。でも、そうなると「Un deux」の位置が難しくなるんでこの位置になったんです。

──「空谷の跫音」がラストというのは想像できますね。

薫:でしょ? それじゃおもしろくない。「ああ、あるある」って感じで(笑)。それこそ「空谷の跫音」は1曲目、2曲目でもいいかなと思ったりもしたけど、そうするとその後が辛い。もしこれが1曲目だったら全然違う印象のアルバムになってたでしょうね。

──ディスク2のインストの「and Zero」は。

薫:これをディスク1の1曲目に持ってくる案もあったんです。これまでのSEとは違い、全然地獄な感じではないですね(笑)。

──Dieさんのペンによる「てふてふ」は、ディスク1に入っていたら少し違和感があったかもしれない。

薫:そうですね。ディスク1にあったら少しポップすぎるかなという意見があってディスク2に流れて。ディスク1に入れた曲順を考えていた時は、この位置に「Behind~」があったんですよ。「Behind~」の方は1曲で色々総括されている曲なので、ここに入っているのもありかと思ったんだけど、「てふてふ」がこっちに入っている方が、両方の曲にとっていいのかなっていう。この位置に入れるには、ちゃんと両足で立ってくれる曲じゃないと、ただのおまけの曲になってしまうという。

──これらの曲以外にも、たぶん未使用曲ってゴッソリあるんですよね?

薫:ありましたね。

──ちょっと気が早いかもしれないですが、次の作品の構想ってあったりします?

薫:まったくないです(笑)。ちょっとわからないですね。あまり作品を乱発するとこのアルバムが薄くなっちゃうし(笑)。

──最後に、『ARCHE』という作品を総括すると?

薫:ある意味狙い通りなんですよ。今までの流れをちょっと断ち切ってこれからのDIR EN GREYを、自分たち自身も感じられるものにしないといけないというところで、その通りになったと思うんです。なおかつ、5人がちゃんとひしめきあっているし、バンドとしてのパワー感も想定していた以上にある。ただ、これで完成したわけじゃない。これから曲をもっといじっていける状態じゃないかと。

──ライヴで新しい命が吹き込まれていく、と?

薫:そう。ガチガチに決め込んだ作った『DUM~』とは対称的に。その余白が、よりバンドをおもしろくさせていってくれると思っています。「今回のツアーはこの曲、こんな感じでやってみるか」ということもしやすいアルバムかも。アルバムの音源としてこのスタイルだけど、ライヴでは全然違うという。

取材・文●金澤隆志

映像







『ARCHE』

9th ALBUM 『ARCHE』
2014年12月10日RELEASE
【完全生産限定盤】 ※特殊パッケージ仕様
3枚組(Blu-spec CD2+特典CD+特典Blu-ray) \9,000+税
3枚組(Blu-spec CD2+特典CD+特典DVD) \8,000+税
【初回生産限定盤】 2枚組(CD+特典CD) \3,400+税
【通常盤】 (CDのみ) \3,000+税

収録曲
≪完全生産限定盤/初回生産限定盤/通常盤≫ 共通
[DISC 1]
01. Un deux
02. 咀嚼
03. 鱗
04. Phenomenon
05. Cause of fickleness
06. 濤声
07. 輪郭
08. Chain repulsion
09. Midwife
10. 禍夜想
11. 懐春
12. Behind a vacant image
13. Sustain the untruth
14. 空谷の跫音
15. The inferno
16. Revelation of mankind

≪完全生産限定盤≫のみ収録
[DISC 2] CD [7曲収録予定]
新曲「and Zero」 (インストゥルメンタル・トラック)、「てふてふ」に加え、『サイレントヒル』シリーズの音楽を手掛ける山岡晃による「Sustain the untruth」、T$UYO$HI(The BONEZ / Pay money To my pain)による「Unraveling」のリミックス・ヴァージョンを含む全7曲を収録。
01. and Zero
02. てふてふ
03. Sustain the untruth [REMIX]
04. Unraveling [REMIX]
05. 咀嚼 (Acoustic Ver.)
06. 鱗 (Crossover Ver.)
07. Behind a vacant image (Acoustic Ver.)

[DISC 3] Blu-ray もしくは DVD
新曲「Un deux」「Chain repulsion」をスタジオにて一発録りにて収録した最新クリップ、2014年8月に開催されました<TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?->より最新ライヴ映像他、『ARCHE』オリジナル映像コンテンツが収録。
・Un deux (Shot In One Take)
・Chain repulsion (Shot In One Take)
・TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?- 2014.08.30 SHINKIBA STUDIO COAST (追加公演)
かすみ
蜜と唾
激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
・BEHIND THE SCENES OF ARCHE

≪初回生産限定盤≫のみ収録
[DISC 2] CD
01. Sustain the untruth [REMIX]
02. 咀嚼 (Acoustic Ver.)
03. 鱗 (Crossover Ver.)

ライブ・イベント情報

<TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD>
12/15(月) 【東京都】Zepp Tokyo
12/16(火) 【東京都】Zepp Tokyo
12/20(土) 【京都府】KBSホール -「a knot」only-
12/21(日) 【京都府】KBSホール -「a knot」only-
12/26(金) 【静岡県】静岡市民文化会館
1/6(火) 【大阪府】なんばHatch
1/7(水) 【大阪府】なんばHatch
1/10(土) 【東京都】新木場STUDIO COAST
1/11(日) 【東京都】新木場STUDIO COAST
[問]NEXTROAD 03-5712-5232 (平日14:00~18:00)


◆インタビュー(2)へ
◆インタビュー(1)へ

この記事をツイート

この記事の関連情報