ジェフ・ミルズ、DOMMUNE降臨で湯山玲子とクラシックを聴く

ツイート


12月23日に、湯山玲子によるDOMMUNEの番組にジェフ・ミルズが出演する。このプログラムでは、デトロイト・テクノの始祖であるジェフ・ミルズはクラシック音楽をどう聴くか?という、かつてない試みが行われる。

湯山玲子は、日本テレビ『スッキリ!』や、MXテレビ『5時に夢中』『バラ色ダンディ』などでコメンテーターとしても活動する女性著述家で、<爆クラ!>という人気イベントをプロデュースしている。このイベントは、2011年5月より西麻布のクラブ「新世界」にて月1回開催され、クラシック音楽をクラブカルチャーを経た「音響耳」で聴くという奇抜な内容だ。これまで、坂本龍一、島田雅彦、冨田勲、岡村康幸、小西康陽、菊池成孔など、各界の著名人をゲストに招き行われてきた。ちなみに湯山は、39歳の時にニューヨークでハウスのDJジュニア・ヴァスケスのロッグセットを体験したことでクラブカルチャーに刮目しながら、作曲家・湯山昭を父に持つという一面も持ち合わせており、<爆クラ!>は湯山玲子ならではのイベントとなっている。

12月17日には当イベントと連動したCD『爆クラ!Vol.1 RAVE CLASSICS -クラブ耳がハマるクラシック』がリリースされ、その記念として、今回のDOMMUNEのプログラムが放送されるわけだ。番組は『-RAVE CLASSICS-DOMMUNEフォロワーと共に思考する、クラシックとテクノ・ハウスの相似形』と題され、豊かなクラブ耳をもっているDOMMUNEフォロワーとクラシックを聴くという一夜となる。具体的には、湯山と、クラシック評論家である鈴木淳史による対談を中心に構成され、ゲストに迎えたジェフ・ミルズとともにテクノとクラシックを交互に聴きながら、新しいクラシックの聴き方を模索していく。



『-RAVE CLASSICS-DOMMUNEフォロワーと共に思考する、クラシックとテクノ・ハウスの相似形』

2014年12月23日(火)(放送時間未定)
ゲスト:ジェフ・ミルズ
ホステス:湯山玲子  楽友:鈴木淳史

『爆クラ! Vol.1 RAVE CLASSICS クラブ耳がハマるクラシック』

2014年12月17日発売
COCQ-85242-3 ¥3,000(税抜き)

この記事をツイート

この記事の関連情報