クライズラー&カンパニー、19年ぶりに再結成

ツイート

クライズラー&カンパニーが、19年ぶりの再結成を果たすことが発表された。

◆葉加瀬太郎画像

12月21日(日)、葉加瀬太郎のコンサートツアー<日医工 presents 葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour “エトピリカ” supported by Iwatani>のNHKホール公演のアンコール後の舞台上にて発表となったものだ。

アンコールを終えた葉加瀬太郎は、「来年は1995年のデビューから数えてちょうど25周年という大きな一年となります。来年一年は自分でも大きな花火をたくさん上げながら楽しめる一年にしていきますので、皆さんのさらなる応援をどうぞよろしくお願いします」と感謝の意を述べた後、「僕が24年前に結成しましたクライズラー&カンパニーを(来年の)25周年を記念いたしまして再結成させていただきます!」と発表、葉加瀬太郎からの思わぬサプライズに、会場は驚きと歓喜でどよめいた後、大きな拍手が湧き起こった。

「気持ちも新たに新人バンドの心意気で、来年の2月25日にアルバムをリリースさせていただきます。そして、5月には全国ツアーをやらせていただこうかと思っておりますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください!」と2015年2月25日(水)にデビュー25周年再結成アルバム『NEW WORLD』の発売と、5月に全国ツアーを敢行することも明かされた。ツアーファイナルの6月9日(火)は、くしくも19年前に解散コンサートをした日本武道館での再演となる。

「再結成が決まって、久しぶりに以前の僕らのアルバムをじっくり聴いてみた。何か猛烈に未知の音楽を試そうともがく若き音に瑞々しさを感じた。この楽曲たちを今の僕らの年齢、感じ方でもう一度ちょっとリラックスしてリメイクしてみた。ソロとはまた違う葉加瀬の壮快なヴァイオリンを楽しんで欲しい」──ベース・竹下欣伸

「音楽への思いはいつになっても変わらない。若いとき老成していたのか、今が幼いのか、変わらない3人が再び集まって作った音楽は、今でも紛れもなくクライズラーだった」──キーボード・斉藤恒芳


クライズラー&カンパニーは、東京芸術大学・音楽学部在学中にヴァイオリニスト葉加瀬太郎(はかせたろう)、ベーシスト竹下欣伸(たけしたよしのぶ)とキーボード斉藤恒芳(さいとうつねよし)の3人によって結成され、1990年に「愛のよろこび」でメジャーデビューを果たした。1991年2月21日に発売された2枚目のシングル「水族館」(組曲『動物の謝肉祭』の第7曲のカバー)が日産自動車S13型シルビアのCM曲として起用された。国内外でコンサート活動を行うだけでなく、海外のアーティストとも共演するなど、国際的に活躍し、デヴィッド・フォスター、セリーヌ・ディオンとレコーディングをしたフジテレビ系ドラマ『恋人よ』主題歌「To Love You More」を大ヒットに導いた。

シングル9枚とオリジナルアルバム6枚をリリースし、1996年に日本武道館のライブを最後に解散、ファンの間では伝説のグループとして再結成はないだろうというのが定説であった。

KRYZLER & KOMPANYニューアルバム『NEW WORLD』

2015年2月25日(水)
1.新世界
2.白鳥の湖
3.ブライダルコーラス
4.春
5.亡き王女のためのパヴァーヌ
6.グリーンスリーヴス
7.ヴィーナス・ラヴ
8.ユーモレスク
9.恋は魔術師
10.フィンランディア
11.水族館
12.カプリス(威風堂々/カプリス NO.24)
※#1『新世界』はテレビ朝日系全国ネット「林修の今でしょ!講座」イメージ・ソング

<KRAYZLER & KOMPANY Concert Tour “NEW WORLD”>

5月21日(木)東京 かつしかシンフォニーヒルズ/キョードー東京
5月22日(金)富山 富山オーバードホール/ハーベスト
5月24日(日)広島 福山リーデンローズ/キャンディープロモーション
5月27日(水)静岡 三島文化会館/ラウンドアバウト
5月29日(金)愛知 愛知県芸術劇場大ホール/サンデーフォークプロモーション
5月30日(土)大阪 大阪オリックス劇場/キョードー大阪
5月31日(日)大阪 大阪オリックス劇場/キョードー大阪
6月 5日(金)福岡 アクオス福岡/キョードー西日本
6月 7日(日)兵庫 神戸国際会館こくさいホール/キョードー大阪
6月 9日(火)東京 日本武道館/キョードー東京
全席指定8,000円(税込)
※入場年齢制限は、各公演により異なりますので、各公演のお問合せ先へご確認ください。
受付期間:12月21日(日)18:00~〆切は各公演毎に異なります。
http://l-tike.com/kk-hp2015/

◆クライズラー&カンパニー・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報