【ライブレポート】福山雅治、男性限定ライブで野太い“ましゃ”コールに感謝「今日一回だけじゃ終われないですよね?」

twitterツイート

福山雅治が12月23日にパシフィコ横浜で初の試みとなる男性限定ライブ<男の、男による、男のための聖夜にして野郎夜!!12.23 Hotel de Fukuyama III 横浜メンズ館>を開催した。

◆福山雅治 <男の、男による、男のための聖夜にして野郎夜!!12.23 Hotel de Fukuyama III 横浜メンズ館> 画像

横浜 みなとみらい駅を出て、会場となるパシフィコ横浜方面を歩いて行くと、徐々に周囲には男性しかいなくなってきた。普段のライブではなかなか観ない光景。会場に入ると見渡す限りの男、男、男!グッズのタオルを首に巻き、すでに臨戦態勢だ。

そしてライブがスタートすると、一斉に野太い“ましゃ”コールが起こる。福山も集まった男性の観客たちを前に「最高じゃないですかヨコハマ!ついにこの日がやって来たんですよ!純度100%の男声を浴びせてください!」と、かねてから念願だったという男性限定ライブの実現に誇らしげな様子を見せた。

「今日は思いっ切り“ましゃー!”って呼んでいいんですよ!?福山ー!って呼んでもいいんですよ!」とあおると、一斉に観客から声援が飛び、「これが聞きたかったんですよ!」と恍惚の表情。客席には、海外から来たという外国人男性の姿も見られるなど、さまざまな場所から熱心なファンたちが会場に集まっていた。


曲間のMCでは会場に男性しかいないことを良いことに、得意の下ネタトークを存分に展開。「この会場に…(オフマイクにして)童貞の方は…どれくらいいらっしゃいますか!?」と客席に問いかけると、「ハーイ!」と客席のあちこちから正直な申告が。満足げに「福山雅治は童貞を応援します!」と、自腹で“童貞キャッシュバック”を行うと話すなど、このライブでしかありえない、観客とのユーモアたっぷりのやりとりが見られた。

この日のライブを行うきっかけとなったのは、2012年、シングル「GAME」のミュージックビデオ撮影を男性ファンを集めて実施したことから。同曲を男性限定ライブのテーマ曲と紹介して披露すると、続けてインストナンバーの「Revolution//Evolution」ではポール・リード・スミスのギターを抱えて観客をあおり、さらに盛り上げた。2009年のヒット曲「化身」、「心color~a song for the wonderful year~」を熱唱した後、「明日の☆SHOW」では観客が両手を左右に振りながら大合唱。その光景を見つめながら「サンキュー、ヨコハマ!」と叫んだ福山の表情は感極まった様子だった。


「初めてライブを観たのは中3のとき、長崎で見たTHE MODSで、今日みたいに男だらけだった。女性のファンが増えたけど、今まで自分が“イケてる”って思ったことはないんですよ」とのMCに、会場からは一斉に「えー!?」の声が。しかし「いや、本当に!むしろ自分がイケてるって思ったのは今日です!本当に感謝してます。ありがとう!」と観客に感謝を伝えると、場内からは万雷の拍手が贈られた。

また、この日は約15000人の観客を動員したことも発表され、日本音楽史上最大規模の男性限定ライブとなったことも明らかに。最後に「今日一回だけじゃ終われないですよね?来年また会いましょう!」と再会を約束して、アンコール含め全24曲、約3時間にわたる熱狂のライブを終えた。

Text by 岡本貴之


◆福山雅治 オフィシャルサイト
◆福山☆冬の大感謝祭 其の十四 特設サイト
◆福山雅治 UNIVERSAL MUSIC WEB SITE
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報