【ライブレポート】THE ALFEE40周年に、ふなっしーもまさかのイリュージョン

ツイート

12月23日(火・祝)日本武道館にて、THE ALFEEの40周年を記念するツアー<THE ALFEE 40th Anniversary Final Series>の初日が開催された。

ドットイメージで作られた3羽の鷲が天高く力強く羽ばたき、まだまだ進化していくTHE ALFEEの3人を表現し、40周年から41年周年へ変わっていく数字がステージの空間に現れ会場が歓声に包まれたところで、THE ALFEEの3人が登場した。1曲目はアニバーサリーシングル「英雄の詩」からスタート、炎も上がりのっけから最高潮の盛り上がりをみせていた。40年の歴史で誕生した328曲の中から何が演奏されるのか、9,000人の期待と興奮が会場を覆っていた。

「THE ALFEEの40周年もいよいよ大詰めですね~、毎年恒例のこの武道館でございますが、嫌なこととかを忘れていただいて今日という1日をお楽しみください」と坂崎から最初の挨拶で会場が和む。この日のライブが通算2497本目、日本のグループでは最多のライブ本数を誇り、日本武道館での公演数も85本というグループ最多の記録を今も更新中だ。

アンコールでは、40周年のお祝いに交流の深いふなっしーが登場「今年も武道館に呼んでくれてありがとなっしー」「そして今日ふなっしーのアルバムがオリコンで4位なっしー。高見沢さんの素晴らしい曲のおかげなっしー」と喜びと感謝を伝えていた。ふなっしーのアルバム『うき うき ふなっしー』から高見沢俊彦が曲を提供しプロデュースした「梨空レインボー」がここで初披露された。「梨空レインボー」のパフォーマンス中に、興奮のあまりふなっしーがステージからころげ落ちるというアクシデントもありつつ、高見沢の「ふなっしー大丈夫?」という心配の声に「イリュージョンなっしー」と返すふなっしーも会場を大いに賑わせた。





写真:hajime kamiiisaka

◆THE ALFEEオフィシャルサイト
◆THE ALFEEレーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報