いきものがかり、瑛太&有村架純&鶴瓶出演のJRA新CMソングに

ツイート


日本中央競馬会(JRA)が、2015年年間キャンペーンのTVCM 第1弾として、「あなたの競馬が走り出す。」春篇を2015年1月2日(金)よりテレビ放映する。このCMは、瑛太、有村架純、笑福亭鶴瓶の3名が出演し、いきものがかりの「マイステージ」がテーマソングとなっている。

◆JRA TVCM「あなたの競馬が走り出す。」春篇 場面写真


このCMは、レースの迫力、馬の美しさ、観客が楽しむ様子がドラマチックに描かれており、競馬の持つスケール感やダイナミズムを表現するため超ハイスピード映像や微速度撮影など様々な撮影技法が用いられている。映像内では、競馬場に観客が入場していく中、瑛太と有村の2人も競馬場に足を踏み入れ、壮大さに感動しているところに、観客席から出走馬を眺める鶴瓶が「ええ毛ヅヤやな」と早くもレースに期待を膨らるという場面からスタート。出走馬がゲートにスタンバイすると否が応でも緊張感が高まり、3人は固唾を呑む。馬たちは、スターターの合図と共に一斉に走り出しいよいよレースは始まってゆく。

このCMにいきものがかりが提供した「マイステージ」は最新アルバム『FUN! FUN! FANFARE!』に収録されている新曲。壮大なメロディが競馬場というスケール感と非常にマッチする楽曲である。なお本CMは、JRAのホームページ内の広告ギャラリーでも、同日1月2日(金)よりご覧いただける。

また、今回の撮影秘話も寄せられている。撮影前日が大雨だったため当日は天気が心配されていたが、とても良い天気に恵まれ、撮影は予定より早く進行。瑛太は競馬場での撮影を楽しみながら演技もNGなく1発OKを連続し、有村は終始笑顔で撮影スタッフやエキストラを和ませていたという。笑福亭鶴瓶は、カットごとにスタッフやエキストラにも頻繁に声をかけ、笑いや拍手を巻き起こしたということだ。





さらに、演者3名からそれぞれインタヴューコメントも届いている。

[瑛太]
■瑛太さんと同じく、競馬をこれから始める方々に一言いただけますか?
── 瑛太:競馬場に入ってみると、凄く夢みたいなものがあると思います。ここの世界に入ると、現実とはまた違う、アミューズメントパークのような、ちょっと現実離れした雰囲気も楽しめます。なおかつ実際に、競馬を長年やっている方などはお客さんと一緒に盛り上がる歓声の中で味わえる雰囲気があるでしょうし、深い色々な世界が待っているんではないかなという気がします。あといいなと思ったのが、中に子供が遊ぶところがあったので、お子さん連れでも凄く楽しめるなという気がしました。色々な休日の過ごし方があると思うんですけど、家族の人でも楽しめるということが僕自身でも感じられました。僕も是非次回レースを観覧しに行こうと思っています。

[有村架純]
■撮影を振り返って感じたことを教えて下さい。
── 有村架純:今回初めて競馬場に来て、こんなに広い場所なんだということを知ることができました。特別に芝生の中に入らせて頂いて、ここで馬が走るのかと思ったら、凄くドキドキしました。貴重な体験をさせて頂きました。

■今年やろうと思って、やれなかったことはなにかありますか?
──有村架純:ずっと欲しいと思っていた習字セットをまだ買えていないんです。特に習いたいとかではないんですけど、自分で半紙と筆を買って。字を書くときって集中出来るんですよね。なんかそういう時間っていいなと思って、習字セットを買おうと思っています。

■来年はどのような年にしたいですか?
── 有村架純:今年初めて舞台を経験させて頂き、何か自分の中で変化がありました。この今感じている変化を、ドラマや映画、様々な仕事の場で活かし、新しい何かを見つけていける1年にできたらいいなと思っています。

[笑福亭鶴瓶]
■共演者の印象はいかがでしたか?
── 笑福亭鶴瓶:久しぶりに瑛太くんとは会いました。顔が柔和といいますか、結婚して子供ができていい顔になりました。前は鋭いところがあったのですが、いい顔になりました。有村さんとは初めてお会いして出身が近くということで話しをしていた中で、年齢がとても離れていることを知り驚きました。

■競馬のエピソードを教えて下さい。
── 笑福亭鶴瓶:スプーン曲げを冗談でやったことがあり、数字も当てられると冗談で言ったら、師匠から「今度の競馬の予想を言うてみい」となり、適当な数字を言ってみたら当たったことがある。たまたま当たったのに師匠から毎週ずっと競馬の予想を聞いてこられたということがありました。

■今年の思い出は?
── 笑福亭鶴瓶:ハワイでゴルフした時にたまたま後ろの組にオバマ大統領がいらっしゃった。そして後ろの組をスルーすることになり、その時に「待たせて申し訳ない」とオバマ大統領と握手したこと。そしてもう一つ。吉永小百合さんと恋人役で映画で共演したことです。全国のサユリストからおかしいと言われます。撮影が終わってから会っていないので、ホンマやったんかな?と夢かと思ってしまいます。

■今年、『笑っていいとも!』が終わりましたが。
── 笑福亭鶴瓶:そうですね。それは大きいですね。28年やりましたから。でもちょいちょいタモリさんとはたまに会っています。向こうも寂しくなったら電話かかってきます。

■今年を漢字で表すと?
── 笑福亭鶴瓶:(間髪を容れず)「驚」! いいともが終わる驚き、オバマさんと会う驚き、吉永さんとの驚き。ですね。

この記事をツイート

この記事の関連情報