【ライブレポート】Azumi、ニューアルバムのヒントはライブに

twitterツイート

12月24日、デビュー15周年イヤーのAzumi(ex.Wyolica)が、ラブソング限定ライブ<Love Lounge Vol.4 ~Christman Special~>をShibuya NOS ORGにて開催した。

◆Azumi画像

「The Christmas Song」のカバーを歌い上げ、1曲目から会場は酔いしれていく。MCでは「メリークリスマス」のかけ声で観客と乾杯し、1stセット最後の曲「Mercy Me~いつか光を抱けるように~」は作るのにいちばん苦労した曲であったと当時の秘話も打ち明けられた。

インターバルではオープンニングDJに続き、公私共に親交の深いDJ KAWASAKIと社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)を迎えてのDJで会場をあたためた。2ndは「シェルター~ラテンver.~」で元気にスタート。2005年にリリースされたスネオヘアーの「happy end feat.azumi」、「honey」の間奏では社長を急遽呼び込み、観客もハーモニーを奏で、会場一体となって盛り上がった。その後はStevie Wonderの「Higher Ground」、秦基博の「Rain」のカバーも披露。後半は「星」「月夜に咲いた恋」で再び酔いしれ、ndセット最後の曲は、Azumiが地元に居たときに雪を思い浮かべながら描いたとても大切な曲として「キスの温度」で本編が幕を閉じた。

アンコールではメンバー全員クリスマスアイテムを着装して「The Christmas Song 」のインストで会場を練り歩きながら登場。「あなたに言えないナイショのお話~It Could Happen To You~」で元気にアンコールに応えた。クリスマスイヴということで抽選会が行われ、当選者のエピソードで「ありがとう」が思い出の曲という発言に、サプライズで「ありがとう」をワンフレーズ披露。最後は「さあいこう」を会場一体となって合唱し、鳴り止まない拍手とともにライブは大団円を迎えた。

2015年にアルバムをリリースすることも発表され、今回のライブにそのアルバムのヒントがちりばめられていたようだ。


セットリスト

<TOKYO ROUND ABOUT -OUR FAVORITE BOURBON MAKER’S MARK-「Love Lounge vol.4 ~Christmas Special~」>
2014年12月24日(水)@Shibuya NOS ORG
1st
1.The Christmas Song
2.あなたしかいない
3.恋のうた
4.もしも  
5.Mercy Me~いつか光を抱けるように~
2nd
1.シェルター
2.happy end feat.azumi
3.honey
4.Higher Ground
5.Rain
6.星
7.月夜に咲いた恋
8.キスの温度
EN
1.The Christmas Song (Instrumental)
2.あなたに言えないナイショのお話~It Could Happen To You~
3.さあいこう
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報