【NHK紅白】SKE48&NMB48、落ち込む北川綾巴を柴田阿弥が慰める

ツイート

『第65回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルが12月29日からNHKホールにてスタートした。囲み取材からSKE48とNMB48のコメントをお届けする。

◆SKE48&NMB48 『第65回NHK紅白歌合戦』リハーサル会見 画像

報道陣から郷ひろみのステージで共演することについて訊かれると、松井玲奈は「対決と言うよりは一緒に盛り上げさせて頂く感じですね。3曲続けて見ている方に楽しんでいただけたらいいなと思っています。」とコメント。NMB48としては最後の紅白歌合戦となる山田菜々は、「最後の紅白っていうか、なんやろ、小さい頃から見ていた番組だったので、それに出られることを最後にもう一回噛み締めて、皆と一緒に思い出を作りながら、見てくださる方を楽しませたらなと思っています。」と語った。

ステージ演出については、北川綾巴が「SKEは最初が寝転んでるんですよ」と話し、周囲から「言い過ぎ」とつっこまれる場面も。囲み取材が終わり、少し落ち込んだ表情の北川の肩を優しくポンと叩く柴田阿弥の姿が印象的だった。

また、恒例となっているダジャレを求められた松井珠理奈は、「今年は三年目なのでプレッシャーとか緊張とかいろいろあって思いつきませんでした。来年も出演させていただきたいと思っているので、今年考えたダジャレは来年言えたらいいなと思います。」と回答し報道陣をどよめかせる。最後はそれぞれ「48グループで紅白初のバラード曲を歌うので、新しいSKEの魅力を沢山の方に知っていただきたいなと思っています。(SKE48)」、「NMBも今回は今回は見せ所があって、ラインダンスもちょっとやらせていただいたり、ツアーもやらせて頂いたのでダンスのシンクロ率であっと言わせたいと思います。沢山のひとを常夏にしたい。(NMB48)」と意気込みを語った。

『第65回 NHK紅白歌合戦』は、12月31日の大みそか、午後7時15分スタート。2014年のテーマは、「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報