ガールズバンド史上最速。サイサイ、武道館をピンクに染める

ツイート

Silent Sirenが、<Silent Siren Live Tour 2014→2015冬 ~武道館へ GO! サイレン GO!~>ツアーのファイナルとして初の日本武道館公演を1月17日に開催。なお、同公演は、メジャーデビュー後、ガールズバンド史上最速での日本武道館ワンマンとなった。

◆<Silent Siren Live Tour 2014→2015冬 ~武道館へ GO! サイレン GO!~>日本武道館公演 画像

ライブ前、「バンドの結成当時から日本武道館のステージに立ちたいと願っていたので、その場所に今日立つことが出来るので、あとは楽しむしかないです」、とあいにゃん(Ba.)が意気込みを語れば、ひなんちゅ(Dr.)は「緊張はまったくしてないので、逆に緊張してなくて大丈夫かなって思っています。」と自然体でのライブを約束。さらにすぅ(Vo.&Gt.)の「たくさんの人が集ってくれるので良いライブを作りたいなって思います。」という言葉に続けて、ゆかるん(Key.)が「初めての演出もあるので、みんなにびっくりしてもらえるし、楽しんでもらえるライブになると思います。」とコメント。初めての日本武道館のステージに向けて準備は万端といったところ。

そして、「日本武道館がピンクに染まる景色を見るのが楽しみです」と4人が口を揃えて語っていたように、日本武道館公演へ緊張より“楽しみ”が勝った状況で開演時間を迎える。この日、駆けつけた9000人のファンによって会場全体がピンクに染まった日本武道館にピンクの衣装を着た4人が登場すると割れんばかりの歓声も加わり、スタートから日本武道館がピンク色のライブハウスに姿を変えた。

メジャーデビューシングル「Sweet Pop!」からライブがスタートすると、武道館の勢いは一気に加速していく。すぅが「盛り上がっていますかー日本武道館!! 今日は、ここを世界で一番楽しい空間にしましょう!」とピンク一色で染まる客席に向かって叫ぶ。それに呼応する9000人。その勢いのまま、次々にノリノリなロックチューンを繰り出すと、会場の熱気はさらに上昇する。もちろんツアーの各会場で行なっていた恒例のサイサイコーナーも実施。記念すべきライブは最高の盛り上がりを見せる。

「ずっと日本武道館でライブをするという夢があって、いろんな場所で話してきましたが、こうして日本武道館のステージに立てたのは、みんなに支えてもらったからだと思います。感謝しかないです。ありがとうございます。」と感謝の言葉もしっかりと伝え、1月14日にリリースしたばかりの「KAKUMEI」や、2月25日にリリースされるアルバム『サイレントサイレン』より「DanceMusiQ」を披露し、フロアを揺らした。畳み掛けるようにタオルを振り回して盛り上がる楽曲としてロックファンの心もがっちり掴んだ「ぐるぐるワンダーランド」を会場全体で歌いあげ、日本武道館を大熱狂の渦に巻き込んでいった。

鳴り止まないアンコールの中でステージに4人が再登場すると、アリーナの観客が白いボードを掲げ『31』のコレオグラフィーを作るサプライズも。一方、サイサイからのサプライズとして、2015年4月からのツアー<Silent Siren Live Tour 2015 Spring → Summer~サイレン VS サイレント~>が発表された。このツアーは、台湾、香港の海外公演を含む全15カ所19公演。「ツアーが決まりました。また海外に行くことも決まったので、2015年も頑張ります。これからももっとライブをやって日本だけではなく世界のみんなが楽しめる音楽、ライブを作っていきたいです。」と語り、次回のツアーも最高に楽しいライブにしてくれることを約束。日本武道館公演を締めくくった。

Silent Siren Live Tour 2014→2015冬 ~武道館へ GO! サイレン GO!~ 1月17日 セットリスト

M1. Sweet Pop!
M2. ラッキーガール
M3. LOVEのしるし
~MC~
M4. stella☆
M5. ユメオイ
M6. LOVE FIGHTER!
<サイサイコーナー>
M7. Limited
M8. 「Are you Ready?」
M9. 恋い雪
~MC~
M10. KAKUMEI
M11. LOST.W
~MC~
M12. DanceMusicQ
M13. チャイナキッス
M14. BANG!BANG!BANG!
M15. 爽快ロック
~MC~
M16. What show is it?
M17. All Right ~“今”を懸ける~
M18. ぐるぐるワンダーランド

Encore
~MC~
EN1. チラナイハナ
~MC~
EN2. Starmine
EN3. ビーサン

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報