【インタビュー】成田☆一家、1stアルバム完成「ヘヴィメタルを俺たちが残すという気持ち」

twitterツイート

■とにかく声も歌詞も攻撃的なので
■自然とそういう方向にギターサウンドも引っぱられていきますね──沢井比河流

──怒りに満ちた言葉と怒涛の演奏が一体化しているのがこのアルバムの魅力だと感じたんですが、そういう言葉とサウンドを結び付けようという意図も?

成田:曲を聴いて感じたインスピレーションで歌詞を書きはじめるので、言葉は攻撃的になってしまいますかね。全部ではないけれども、そういう言葉のほうが浮かんでくるというか。不満がいっぱいあるんですね、きっと。

NAOTO:行き詰ったときは俺が一緒に歌詞を考えたり、メロディに行き詰ったらこう歌ったら?と提案することはありますけど、基本、歌詞に関しては成田にお任せしているので。

沢井:とにかく声も歌詞も攻撃的なので、自然とそういう方向にギターサウンドも引っぱられていきますね。曲が完成していくにつれて感化されて、よりそういう方向になるんだと思います。

NAOTO:俺は作曲とプロデューサーの立場でいることのほうが多いので、みんなが気持ち良く演奏できるバランスの良い曲が作ればと。ギターのユニゾンとかでもフレーズは俺がベースで作っちゃって、それをコピーしてもらうこともあるんです。

──え!? ギターのフレーズをベースで?

沢井:ツインのハモリもそのベースフレーズに対して、僕と東條が上とか下とかを付け足して作っていく感じです。

NAOTO:「Crime」はツインギターとベースによるライトハンドのハモリが入っているんですけど、まさにそうやって作ったんですよ。「Lie Lie Lie」は大変でしたよ。オープニングのツインのハモリもベースで作ったんですけど、東條が「弾けない」と。一生懸命やってましたね(笑)。

──なるほど。沢井さんは琴の流派「沢井箏曲院(さわいそうきょくいん)」の会長も務めてらっしゃいますが、ギタリストとしてのバックボーンも東條さんとは違いますか?

沢井:東條はヘヴィメタルというよりもハードロックとかロックンロール寄りなプレイスタイルが多いんですけど、僕のほうはやっぱりどちらかというとドンシャリなヘヴィメタルのスタイルなので。お互いが浮かずにマッチさせつつ、個性が死なないように一緒に音を混ぜるようにしていますね。

NAOTO:アルペジオを入れたいときは東條のほうが得意だし、ガーッて刻むのは沢井のほうが得意ですかね。

──「Spiral」では途中、クリーントーンのギターカッティングが出てくるところが特徴的ですね。

NAOTO:「Spiral」に関して言えば唯一、東條が作り切った曲なんです。成田☆一家として一番最初に出来た曲で、リーダーが本気を出して作りました(笑)。

成田:最初で最後の本気(笑)。

沢井:燃え尽きやすいタイプのリーダーなんで。

成田:ははは。バンドを始める前は東條のことが嫌いだったんですけど、その反動で今はものすごい好きな男の1人なんですよ。今はバンドが楽しいというか“なんでこんなに仲の良い仲間が揃ったんだろう?”っていうくらい。ちょっと他には類がないんじゃないかなって。

NAOTO:それぞれがいろんなバンドを経て結成したので、成田☆一家は最初、プロジェクト的な見方をされていたんですけど、これだけやってきてようやくバンドとして認識されてきましたね。

──すごく良い状態でフルアルバムが完成したというわけですね。1曲目の「Asura」はオリエンタルなイントロとシンセが入ったインストですが、オープニングにインストを据えたのは?

NAOTO:前ミニアルバム『指名手配~重要参考人~』もインストを入れてるんです。前作は「仁義なき戦い」をモチーフにしたインストを作ってほしいという成田からのオーダーだったんですが、今回は成田から「踊る大捜査線」みたいなのを作ってほしいと(笑)。それで出来上がったのがこれ。俺の中の精一杯です(笑)。テンポも「踊る大捜査線」と一緒だし、オーケストラとか使っている音もだいたい一緒なんです。

──それ、お話を聞かなければ分からなかったかもです。たしかに、構成音も近いですね。4曲目の「ジレンマ」は韻を踏んだボーカルがミクスチャーロック的ですが、成田さんの中にHIP HOPからの影響もあるんですか?

成田:いや、ないですね。曲が出来てなんとなく鼻歌で歌っていたら、ふと“ジレンマ”という言葉が浮かんできて。これは韻を踏んでいったら面白いかなと。夜叉でもそういう曲があったので、成田☆一家ではなるべく使いたくなかったんですけど、この曲は韻を踏んだほうが絶対カッコいいと思いまして。アルバムの中でもお気に入りの曲です。

NAOTO:成田が仮歌を歌っているときにちょっとラップっぽい感じを聴いたので、その方向で行ってみようと曲をフルアレンジし直したんです。当初ラップ調なのは頭の2つだけだったんですけど、もっとガッツリいったほうが良いんじゃないかとアドバイスして。レコーディングの時に結構変えたので大変でしたね。あと唯一この曲の詞は成田と俺の共作で。成田が書いた詞を母体にしながら、俺は俺で成田が歌いそうな言葉をピックアップして、2つの詞を合わせたんですよ。

成田:そういう作り方は俺も初めてだったから面白かったですね。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon