アクアラング、5年ぶりの新作をリリース

twitterツイート

アクアラングことマット・ヘールズが、およそ5年ぶりとなる新作『Ten Futures』をリリースした。ほかのアーティストとの共作やプロデュースに専念し、しばらく自分自身の作品を作ることから遠ざかっていた彼が、『10の未来』という素敵な贈り物を手に戻ってきた。

◆アクアラング画像

「Strange & Beautiful(I'll Put A Spell On You)」でブレイクしたデビューから12年。美と静寂が織り成す世界観は変わっておらず、年齢と経験を重ね、より深みを増した。そして今回、若手の新鋭アーティストとコラボすることで、未来へ続く新しいチャプターの扉を開いたようだ。


アルバムには、リアン・ラ・ハヴァス、ルーク・シタール・シン、Sweet Billy Pilgrim、Prides、Mikky Ekko、Josef Salvat、SOHN、Kina Granniesらが参加。10の未来に豊かな色彩を加えている。ディスクロージャーと共同プロデュースした「Eggshells」も収録されるが、Aqualungの復帰に一役買ったのがそのディスクロージャーだったという。ヘールズが彼らの「Latch」を聴き、その完璧さに打ちのめされ、もう自分が音楽を作ることに何の意味もないのではと落ち込んでいた矢先、ディスクロージャーの2人、ガイ&ハワード・ローレンス兄弟からコラボの依頼があったそうだ。

かねてからアクアラングを「5本の指に入るほど大好きなソングライター」と公言、リスペクトするディスクロージャーだからこそ、彼の魅力を最大限に引き出す逸品が誕生した。Aqualungのニュー・チャプター『Ten Futures』日本盤は1月21日にリリースされている。


Aqualung『Ten Futures』


2015年1月21日発売
SICP-4382
1.Tape2Tape(ft Joel Compass) UKファースト・シングル
2.Eggshells(ft リアン・ラ・ハヴァス) ディスクロージャー共同プロデュース
3.Be Beautiful(ft ルール・シタール・シン)
4.Seventeens
5.New Low
6.Clean(ft Sweet Billy Pilgrim)
7.Hearts(SpinWheelOscillate)(ft Prides)
8.Shame on me(ft Josef Salvat)
9.Everything
10.To the Wonder
日本盤ボーナス・トラック2曲収録
11.Use Me
12.All She Wore She Was
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス