ヤマハからDSPエフェクト搭載、配信やモバイルで便利な機能を搭載したコンパクトなミキサー「AG06」&「AG03」

ツイート

ヤマハは、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、配信やモバイルでの活用に便利な機能を搭載した小型のミキシングコンソール「AG06」「AG03」を今春に発売する。

「AG06」「AG03」は、充実した入出力を備え、さまざまな機器や楽器を接続することができるミキサー。最高192kHz/24bitに対応した高音質設計に加え、インターネット配信などに便利なループバック機能やワンタッチでエフェクト・サウンドを実現するDSPなど、幅広い活用ができる基本性能と多くの機能を搭載する。

コンパクトながら充実の入出力端子を装備。ファンタム電源とHi-Zスイッチにより、マイク、ギター、ベース、シンセサイザー、ポータブルプレーヤーなどさまざまな機器・楽器を直接接続可能。自分の声などとBGM、その他外部入力の音量コントロールを手元で簡単に行える。

インターネット配信などに便利なループバック機能の搭載も注目。入力端子に接続されたマイクや楽器などの音と、USBを通じてコンピューターのソフトウェアやiPad内のオーディオプレーヤーから再生される音・楽曲を、「AG06」「AG03」内部で2チャンネルにミックスしコンピューターに送り返すことができるため、ストリーミングソフトウェアなどを通じたインターネット配信が可能だ。

原音を忠実に録音・再生するため、最高192kHz/24bitに対応した高音質設計とし、配信、音楽制作、ミキシングはもちろん、ハイレゾオーディオの用途にも最適。マイクプリアンプには、ヤマハハイエンドレコーディング機器のために開発したプレミアムマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載。話者の細かいニュアンスや演奏者の表現力、個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままにとらえる。


▲入力チャンネルは、「AG06」(左)がモノラル(MIC / LINE)× 2(ヘッドセットマイク入力含む、プラグインパワー対応)、ステレオ(LINE)×2、USB IN×1、AUX IN×1。「AG03」(右)はモノラル(MIC / LINE)×1(ヘッドセットマイク入力含む、プラグインパワー対応)、ステレオ(LINE)/モノ(GUITAR)×1、USB IN×1、AUX IN×1。

エフェクトには、ヤマハのDSP技術を駆使した「1-TOUCH DSP」を搭載。音声を最適化するCOMP/EQ、美しい響きを付加するEFFECT、ギター演奏時に心地よい歪みを加えるアンプシミュレーター(「AG06」のみ)を搭載しており、いずれもワンタッチで設定が可能。さらにWindows/Macに対応した「AG DSP Controller」(別途ダウンロードで提供のソフトウェア)を使えば、「1-TOUCH DSP」のCOMP、EQ、ハイパスフィルター、リバーブ、アンプシミュレーターのパラメーターをエディットすることが可能。イージーモードを使えば直感的に、エキスパートモードを使えばより緻密な調整ができる。

さらにApple iPad(iPad 2 以降)で活用できるCC(Class Compliant)モードも搭載。「Cubasis」 (別売)などの iPad 対応音楽制作アプリケーションと組み合わせて、高音質な録音、演奏をいつでもどこでも行うことができる。

また、USBバスパワー駆動に対応しており、iPadとの接続時にはモバイルバッテリーでの駆動にも対応するため、モバイルでの環境を簡単に構築可能なのも見逃せない。さらに、音楽制作ソフト「Cubase AI」を同梱(ダウンロード版ライセンス)しているため簡単に音楽制作を始めることができる。

製品情報

◆ヤマハ ミキシングコンソール AG06
価格:オープン
◆ヤマハ ミキシングコンソール AG03
価格:オープン
発売日:2015年春

この記事をツイート

この記事の関連情報