【イベントレポート】結成2周年記念日のJuice=Juice、聖地・中野サンプラザ2Days電撃発表

twitterツイート

Juice=Juiceが初めての単独ツアー<Juice=Juice ファーストライブツアー2014~2015 News=News ~各地よりお届けします!~>の東京公演を新宿ReNYで開催。3日間公演の初日となった2月3日は、Juice=Juiceの結成2周年記念日。開演前ににはメンバーが3年目に向けての意気込みを報道陣に語るとともに、ライブ本編では、中野サンプラザでの2Days公演の開催がサプライズ発表された。

◆<Juice=Juice ファーストライブツアー2014~2015 News=News ~各地よりお届けします!~>画像(会見・ライブ)

開演前に報道陣を集めて行なわれた記者会見。メンバーは結成前後から今日のこの日までを振り返って、以下のように感想を述べる。

「私は、2年前はまだダンスを本格的に初めてなくって。みんなはハロプロ研修生としてやってきたんですけど、私はレッスンはちょっとずつさせてもらっていたんですけど、ダンスというものはまだ全然理解していなかった時だったので。あれからもう2年が経ったのかという、ちょっとそういう早い気持ちとその中でもミュージカルだったりとか、いろいろな経験をさせてもらったので、長かったような短かったような不思議な気持ちだなって感じます。」── 宮崎由加

「ハロプロ研修生としてずっと活動していて、そこで初めてお客さんの前でJuice=Juiceというユニットに選ばれたよって言うのを報告させていただいたんですけど、すごく緊張したし、初めての興奮感というか、そういう感じで。それから丸2年経ったわけなんですけど、こう、短いようでその間にもすごいいろんなことがあって。いろんなことが詰め込まれ過ぎて歴史もあるので、長いようにも感じるし、短いようにも感じます。」── 高木紗友希

「私も高木紗友希ちゃんと一緒で、ハロプロ研修生として5年から6年研修を積ませてもらったんですけど、研修で学んだこととはまた違う緊張感だったりとかその場所の雰囲気になれていくこととかそういうことを学べましたし、あとは、どんどん髪の毛が短くなったなって思います(笑)。」── 宮本佳林

「みんなが言ってくれたように、いろんな経験させてもらって、初めての所でもライブできて、単独ツアーだったりとかミュージカルもできて本当に嬉しいなって思うんですけど、2年前と一番違うのは、みんなに対して猫かぶってないところというか(笑)。最初は性格もみんなそれぞれ違ったかなと。だんだん素が出てきて打ち解けられたんじゃないかなって思います。」── 金澤朋子

「Juice=Juiceとして単独ツアーができることをすごく嬉しく思うし、お客さんを見てると、2年前から応援してくださっている方もいれば、途中からJuice=Juiceに興味をもってくださったかたもいるので、それがとても嬉しいなと。もう少し増やしていきたいなって思います。」── 植村あかり

また、この日のライブで初披露となる新曲「Wonderful World」について、金澤朋子は、「『Wonderful World』っていう曲は、Juice=Juiceの中でも一番明るいんじゃないかな。歌詞も些細な幸せに目を向けた、前向きなもので素敵だなって思いますし、ダンスはテーマパークをイメージして、ちょっとキラキラした感じになっているので、私達がみなさんに幸せをお届けできたらいいなって思います。」と紹介。さらに「曲中のラーララーっていうところは、一回観たらみんな真似できると思うので、みなさんでできたら嬉しいですね。」とコメント。なお、今回の新曲はつんく♂作品ではないが、宮崎は「いままでずっとつんく♂さんだったので、最初は「つんく♂さんじゃないんだ」って驚きもあったんですけど、どんな曲でも新しい気持ちで、いろんなことに挑戦していきたいと思います。歌い込んで、素敵な曲になっていったらいいなと思います。」と話した。

そしてこれからの目標も。「ライブハウスツアーで出会った方々と一気にドンと集結できる会場でできたら」と宮崎由加。高木紗友希は「モーニング娘。さんにもアンジュルムにも新メンバーが入って、カントリー・ガールズが結成されて、新ユニットもできてとハロー!プロジェクトが大きく変化している今年なので、私たちからも目を離させないくらいのパフォーマンスをしないといけないと思うし、フレッシュって言ってきたんですが、それもそこに頼ってはいられない。」と決意を語り、宮本佳林は「どんどん新しいものに挑戦しつつ、好きになってくれる人も増やして頑張って行きたい。」と意気込む。さらに植村あかりは、「個人としては、自分磨きを頑張りたい。体型をキープして、爪とかも綺麗にして、いつ誰に見られてもいいような完璧な姿でいたい。」と、さらに美しさを追求していくことを誓う。

金澤朋子は、「モーニング娘。から道重さゆみさんがご卒業なさって、3月3日でBerryz工房さんもいなくなっちゃったら、(ハロプロは)MCでは嗣永さんと道重さんが引っ張ってくださっていたイメージだったので、「次は私だぞ」って思ってたんですけど、嗣永さんがカントリー・ガールズとして活動していくということを聞いて、「あ、嗣永さんいるのか……って」。……違いますよ! 嫌じゃないですよ(笑)。ももち先輩大好きなんですけど、すごい強力なライバルだなって思ったので、嗣永さんに負けないくらいトーク力を磨きたい。」と、笑いを起こしていた。

ちなみに、ハロー!プロジェクトのメンバーの中で、今、一番ショートカットな佳林ちゃんさん。「目立つ姿でありたいという感じですかね。後は、インパクトあることがいいかなって思いまして。」と、2015年、これまでよりさらに短くした理由を語る。どこまで短くするつもりかという質問には、「坊主で。」と高木紗友希から、“ある意味では100点の回答”を促されるものの、「いやいやいや、もう最終形態です(笑)。」と、流石にこれ以上のインパクトは髪型では求めない様子だった。

  ◆  ◆  ◆

節分の豆まきも行なわれた(つまり彼女たちの結成日は節分!)この日の公演では、新曲「Wonderful World」初披露のほかに、さらにメンバーにも内緒のサプライズが用意されていた。

途中のMCにて、突然、台本になかった巻物をスタッフから渡される宮崎。何かしらのサプライズ発表だと即座に悟って、「ヤダヤダヤダ! 怖い怖い!」とステージをひとりぴょんぴょん飛び跳ね始める佳林ちゃんさんに、「きゃー!」を突然の悲鳴をあげる植村。

宮崎は、新しく渡された台本を手に、その巻物を広げるよう書かれた指示を読み上げる。巻物が広がらないよう結ばれていた紐を解こうとするも、これがなかなか解けない。「固く結び過ぎですよ!」と呟きながらも無事に外すことができた佳林ちゃんさん。さらに怖がって距離を置いて眺めていた植村、金澤、高木のほうに、にじり寄りながら、宮崎と佳林ちゃんさんは巻物を少しずつ広げていく。

そこに書かれていたのは「5/2&3 中野サンプラザ単独ライブ決定!」という文字。全員で声を合わせてその文字を読み上げると、会場は歓喜の声に包まれた。



が、そんな中で、宮崎は再度台本に目を落として、ひとり悲鳴を上げる。「まだあるの?」と、メンバーの視線が集中する中、彼女が「今、(台本に貼られて何かを隠していた)シール剥がした。“同公演は、5月23日土曜日に、大阪NHKホールにても行なわれます”。」と、隠されていた文章を読み上げると、「大阪? 大阪? 大阪! 大阪!!」と、客席に何度も確認し、そして喜びを爆発させたのが、大阪出身の植村あかりだった。

「ライブハウスツアーで出会った方々と一気にドンと集結できる会場でできたら」とこれからの目標を口にしていた宮崎の希望が早くも叶う、聖地・中野でのライブ決定というサプライズ。メンバーと500人のファンは「東京水」を手に、Juice=Juice恒例の乾杯を行ない、あらためて喜びを分かち合った。

なお、Juice=Juiceの6枚目となる両A面ニューシングル「Wonderful World / Ca va ? Ca va ?(サヴァ サヴァ)」は、4月8日にリリースされる。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報