【ライブレポート】リンジー・スターリング、飛んで踊ってエビ反って

ツイート

“踊るヴァイオリニスト”リンジー・スターリングのプレミアム・ライヴが、2月12日(木)東京渋谷クラブエイジアにて開催された。

◆リンジー・スターリング画像

ドラムとキーボードを従えて登場したリンジーは、アルバム『踊る!ヴァイオリン』から、「ビヨンド・ザ・ヴェイル」「ラウンドテーブル・ライヴァル」の2曲を、アルバム『リンジー・スターリング』から「クリスタライズ」を披露。ステップを踏み、ステージ上をバレエダンサーのように所狭しと踊りまわり、時にはエビぞりのように大きく体をそらせながらバイオリンを弾く圧巻のパフォーマンスで、約300名の観客を圧倒した。


その後いったん退場したリンジーは、日本の着物をイメージした衣装に着替えてステージに再登場し、日本デビュー・アルバム『踊る!ヴァイオリン』に日本盤ボーナストラックとして収録された「千本桜」を初めてライブで披露し大喝采を浴びた。MCとのトークでは「日本はまたいつか訪れたいとずっと願っていた場所。2013年に来た時は時間が無くて演奏以外何もできなかったけど、今回は時間があるので美味しいものを食べたり、日本を満喫したわ。お寿司が大好きなんだけど、回転寿司も初体験したし炉端焼きにもいったの。」と話し、また初めて秋葉原の電気街を訪れたことも明かし、今回の来日では日本を満喫した様子をうかがわせた。


日本デビューを果たしたことについて、「本当にエキサイティングだわ!(アメリカでのセカンド・アルバムが日本でのデビューアルバムとなったことについて)1つのアルバムで2度感激できて。私の第2子出産みたいな気分よ。本当に興奮してるの!」と語った。日本盤ボーナストラックの「千本桜」に関しては、「速弾きで難しい曲だけど、大好きな曲で演奏していてすごく楽しかった。でも、終わると腕がいたくなるの。PVで着ていた衣装は私がデザインしたのよ。それと今日の衣装も日本のイメージを意識して用意したわ」と嬉しそうに語った。


リンジー・スターリングは、ヴァイオリニストのインスト・アルバムとしては異例の全米2位を記録し、YouTube動画総再生回数は9億回を超えるという、ヴァイオリンを弾きながら踊る驚異のパフォーマンスで世界で話題沸騰中の女性ヴァイオリニストだ。今回はリンジーにとっては2013年夏以来の2度目の来日となり、3月7日には東京Zeppブルーシアター六本木にて単独ライヴが行われる。

(C)Ryota Mori

リンジー・スターリング『踊る!ヴァイオリン』

2月11日(水)発売
DVD付限定盤 \3,500+税
通常盤CD \2,800+税
https://itunes.apple.com/jp/artist/lindsey-stirling/id403025113?at=10l3PY
1.ビヨンド・ザ・ヴェイル
2.ミラー・ハウス
3.V-POP
4.シャター・ミー feat.ジー・ヘイル
5.ハイスト
6.ラウンドテーブル・ライバル
7.ナイト・ヴィジョン
8.テイク・フライト
9.アッサンダンス
10.ウィ・アー・ジャイアンツ feat.ディア・フランプトン
11.SWAG
12.マスター・オブ・タイズ
[日本盤ボーナス・トラック]
13.千本桜
【特典DVD】
・シャター・ミー
・千本桜

◆リンジー・スターリング・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報