全米チャート、マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズが7週目の1位

ツイート

今週の全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)は、ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Uptown Funk」が先週に続き1位をキープした。同曲が1位に輝くのはこれで7週目。マーズにとって6枚目のNo.1シングルだが、トップに留まるのはこれが最長となった。

◆ブルーノ・マーズ画像

2、3位も先週と変わらず、エド・シーランの「Thinking Out Loud」とホージアの「Take Me To Church」がキープ。テイラー・スウィフトのニュー・シングル「Style」が10位に入った。

アルバム・チャート(Billboard 200)は、サプライズ・リリースされたドレイクの『If You’re Reading This It’s Too Late』が初登場で1位を獲得した。ドレイクにとって4枚目の全米No.1となった。

2位には映画『Fifty Shades Of Grey』のサウンドトラックがチャート・イン。グラミー・アワーズで今年最多の4部門を受賞したサム・スミスの『In The Lonely Hour』が4位から3位へ再浮上した。

また、グラミーでアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたベックの『Morning Phase』が先週の39位から8位へ大きくランクアップしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス