『伊藤政則のロックTV!』、ライブイベントを開催

ツイート

BSフジ毎週土曜日放送の音楽番組『伊藤政則のロックTV!』で話題となったバンドが登場するライヴ・イベント<ロック・オブ・ケイオス>が、5月12日東京・渋谷クラブクアトロで開催されることが発表された。

記念すべき第一弾アーティストは、オーストリアからの地獄の使者ベルフェゴールと、ポール・アレンダーがメアリー・ズィマーと結成したホワイト・エンプレスだ。


ベルフェゴールはオーストリアで結成、モーツァルトを生んだ音楽都市ザルツブルクの末裔でありながら、邪悪でブルータルなブラスト・ビートに悪魔・死・狂気・ゾンビなどの歌詞を乗せたサウンドは、全世界に呪詛と災厄を撒き散らしてきた。最新作『コンジュアリング・ザ・デッド〜屍者召喚』(2014)を発表後、<ラウド・パーク14>で宿命の初来日を果たした彼らは、白塗りメイクに血を全身に浴びるライヴ・パフォーマンスで鮮烈なインパクトを与えた。


一方のホワイト・エンプレスは、イギリスを代表するブラック・メタル・バンド、クレイドル・オブ・フィルスに在籍していたギタリスト:ポール・アレンダーが、アメリカのメロディック・デス・メタル・バンド:ルナ・モーティスの女性ヴォーカリスト:メアリー・ズィマーと合体したエクストリーム・メタルの新鋭だ。情け容赦なく斬り刻むリフとシンフォニックなオーケストレーション、そしてオペラチックな歌唱からデス・ヴォイスまでをこなす女声ヴォーカルによる劇的なサウンドは、高揚感に満ちたものだ。アルバム『ライズ・オブ・ジ・エンプレス~純白の女帝』(2014)でデビューを果たした彼らの神秘のヴェールに包まれていた全貌が明らかにされる待望の初来日となる。

“黒”と“白”が究極の限界点で交わり合うライヴには、鮮血の“赤”がよく似合う。ベルフェゴールとホワイト・エンプレスの血戦は、鮮烈なインパクトを残す激闘となることだろう。

<伊藤政則のロックTV! Presents BURRN!創刊30周年記念『ロック・オブ・ケイオス VOL.1』>

5月12日(火)
@渋谷クラブクアトロ
開場 18:00 開演 19:00
チケット代 6,800円(税込/オールスタンディング/1ドリンク代別途)
チケット一般発売日 3月7日(土)~
[問]クリエイティブマン:03-3499-6669
主催:bayfm / BSフジ『伊藤政則のロックTV!』
企画・制作・招聘:ワードレコーズ / クリエイティブマンプロダクション
協力:BURRN! / ZEPPライブ

◆<ロック・オブ・ケイオス>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報