レイ・デイヴィス、オペラ制作を計画

ツイート

キンクスのレイ・デイヴィスが、オペラの制作に興味を持っていることを明かした。オペラはレイにとっては畑違いだが、ミュージカルとは縁が深く、彼はこれまでに『Chorus Girls』(1981年)や『80 Days』(1988年)の音楽を制作したり、キンクスのヒット曲をもとにした『Come Dancing』(2008年)に出演。また、彼の半生が『Sunny Afternoon』(2014年)としてミュージカル化されている。レイは『Come Dancing』に出演して以来、オペラ制作のアイディアを温めてきたそうだ。

◆レイ・デイヴィス画像

レイは、彼の伝記『Ray Davies: A Complicated Life』を執筆したジョニー・ローガンにこう語ったという。「伝えたい物語があるんだ。すごく重要だ。オペラ関係者と会って話す必要がある。『Come Dancing』をやった後、大筋は考えた。音楽のアイディアもまとめている。これは共作になる。俺はプッチーニじゃないからね。オペラでは監督が大事だ。本当に、これを作り上げたいって思っているよ」

レイが音楽も担当した『Sunny Afternoon』は当初、小劇場でスタートしたが、好評により昨秋からロンドンの劇場街ウエスト・エンドへ場所を移し上演されている。

ファンとしては、そんなことよりキンクスの再結成のほうを進めて欲しいところだろうが……。弟のデイヴは最近、『Billboard』誌のインタビューで2015年のキンクス再結成の可能性について問われると、「レイとは2週間前に話したが、サッカーと食べ物のことについてだ」と、実現するのかしないのか言及しなかった。

レイ・デイヴィスの新しい伝記本『Ray Davies: A Complicated Life』は5月5日に英国で出版される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス