イマジン・ドラゴンズ、全米でもNo.1に

twitterツイート

イマジン・ドラゴンズのセカンド・アルバム『Smoke + Mirrors』が、日曜日(2月22日)発表されたUKチャートに続き、本国アメリカのチャートでも初登場で1位に輝いた。前作『Night Visions』の最高位は2位だったため、これが彼ら初の全米No.1となる。

◆イマジン・ドラゴンズ画像

先週トップだったドレイクの『If You’re Reading This It’s Too Late』は2位へ、2位だった映画『Fifty Shades Of Grey』のサウンドトラックは3位へ後退した。

シングル・チャート(Billboard Hot 100)は、ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Uptown Funk」が8週目の1位に輝いた。同曲は今週、UKの音楽アワーズ<Brit Awards 2015>で最優秀シングル(British Single)を受賞。ロンソンの快進撃が続く。

今週は、『Fifty Shades Of Grey』のサントラに収録されるザ・ウィークエンドの「Earned It」(9位)が新たにトップ10入り。『Fifty Shades Of Grey』の音楽はアルバム/シングルとも好調で、エリー・ゴールディングの「Love Me Like You Do」が6位から3位へランク・アップしている。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報