【インタビュー】どうしてコブクロのふたりは、タイアップ曲を次々と生み出すことができるのか?

twitterツイート



■いまの小渕なら、きっと何からでも曲を作ると思う
■題材が錦織圭くんでもザリガニでも

──黒田さん、小渕さんの話に聞き入ってましたけど。

黒田 俊介:小渕はほんと、ドラマを観ただけでそこまで想うのが凄い。いまの小渕なら、きっと何からでもいろいろなこと想って、曲を作ると思うんです。ドラマのタイアップって向こうさんに合わせて書いてると思う人もいるかもしれないんですけど、小渕は入口さえ作ってもらえたら何でもいい。題材は錦織圭くんでもザリガニでも、ぽーんと背中を押しさえすれば書けると思う(笑)。

──既に“ザリガニ”で、Aメロくらい浮かんでたりして……。

黒田:あと、歌詞もそうなんですけど、あのドラマのイメージから、よくこの曲みたいなリズムの感じが出てきたなぁ、とも思っててね。(ドラマのイメージから)わざと離れようとしてこうなったのかもしれないですけどね。僕らの楽曲でいうと、「君という名の翼」みたいなのになるんかなぁって、漠然と思ってたので。

──“奇跡”の音のことなんですが、ブルーグラスやカントリーまでは行かないけど、バンジョーとかも出てくるアレンジで、これまでにない疾走感がありますね。

小渕 健太郎:そうですね。カントリーのようで無国籍というか、そもそも困難を乗り越えていくというテーマで、あまり美しいアレンジはいらないかな、というのもあったので。ただ、入っているバンジョーの音は、実はシンセなんですよ。生よりシンセのほうが音が立つ、というのもあって。

黒田:最後まで迷ったんです。バンジョーの専門の方に来て弾いてもらおうかとも思ったけど、そうなるとフレーズも変わってくるじゃないですか? あまりにも最初にシンセで入れたフレーズの印象が強かったので、最後は「これでいんじゃない?」ってなりましたね。

──カップリングの「Twilight」と「信呼吸」のことも教えてください。

小渕:「Twilight」は『トワイライト ささらさや』のために書き下ろしました。この映画のストーリーは天国と現世との魂の行き来を描いていて、この歌は天国からみた現世という、初めてのレンズを貰ったような感覚で書きましたね。もちろんそこからは、もの凄い望遠鏡じゃないと現世は見えないけど、どんどん寄っていけば、かなり緻密なエピソードも見えていくというか。そうやって生活のなかに入っていって思い出を語ってこそ、「この歌は完成するなぁ」と思ったので、敢えて“Tシャツ”とか、具体的なエピソードを頭の中から引っ張りだして書きました。

──「信呼吸」は春にピッタリなドライビング・ソングとなってますが、“片手で持つハンドルが”行き先を決めるというフレーズ、いいですね。

黒田:一丁前の感じするでしょ?

小渕:僕は車の免許とってまだ三年目なんですけど、とりたてだったらたぶん「片手で持つって歌詞にしてもいいのかなぁ…」って思ってたでしょうけどね(笑)。

黒田:車でよかったですよ。これで小渕が三輪のバイクかなんか買ってたら、どんな歌になってたかなぁって。“剥き出しの三輪が”。“三輪なんで急激には曲がれない”。“三輪なんでヘルメットは被らなくていい” ──あはは。なんやねん、その歌!

──さっき黒田さん、小渕さんはキッカケさえ与えれば歌が作れるって言ったけど、黒田さんも三輪バイクの歌を作れそう…。

黒田:僕の場合、茶化すのなら、上手なんです(笑)。

取材・文:小貫信昭

   ◆   ◆   ◆

シングル「奇跡」

3月4日(水)発売
[初回限定盤](CD+DVD)
WPZL-30992/3 ¥1,667(+税)
※初回限定盤のみ“穴あきジャケット”&「Acoustic Twilight Tour 2014」ライブ映像3曲収録のDVD付き
[通常盤](CD)
WPCL-12063 ¥1,200(+税)
1.奇跡 -テレビ朝日系木曜ドラマ『DOCTORS 3 最強の名医』主題歌
2.Twilight -映画『トワイライト ささらさや』主題歌
3.信呼吸 -セイコーマートCMソング / MJQウェディングCMソング / 佐渡汽船CMソング
4.奇跡(Instrumental)
5.Twilight(Instrumental)
6.信呼吸(Instrumental)
DVD ※初回限定盤のみ付属
HUMMING LIFE(LIVE from Acoustic Twilight Tour 2014)
ベテルギウス(LIVE from Acoustic Twilight Tour 2014)
miss you(LIVE from Acoustic Twilight Tour 2014)

<KOBUKURO LIVE TOUR 2015 “奇跡”>

2015年4月25日(土)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
OPEN/START 16:30/17:30
2015年4月26日(日)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
OPEN/START 15:00/16:00
2015年5月2日(土)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
OPEN/START 16:30/17:30
2015年5月3日(日)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
OPEN/START 15:00/16:00
2015年5月12日(火)神奈川 横浜アリーナ
OPEN/START 17:30/18:30
2015年5月13日(水)神奈川 横浜アリーナ
OPEN/START 17:30/18:30
2015年5月30日(土)愛知日本ガイシホール
OPEN/START 16:30/17:30
2015年5月31日(日)愛知日本ガイシホール
OPEN/START 15:00/16:00
2015年6月6日(土)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
OPEN/START 16:00/17:30
2015年6月7日(日)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
OPEN/START 14:30/16:00
2015年6月13日(土)福岡 マリンメッセ福岡
OPEN/START 16:30/17:30
2015年6月14日(日)福岡 マリンメッセ福岡
OPEN/START 15:00/16:00
2015年6月27日(土)徳島 アスティとくしま
OPEN/START 16:30/17:30
2015年6月28日(日)徳島 アスティとくしま
OPEN/START 15:00/16:00
2015年7月4日(土)広島 広島グリーンアリーナ
OPEN/START 16:30/17:30
2015年7月5日(日)広島 広島グリーンアリーナ
OPEN/START 15:00/16:00
2015年7月11日(土)新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
OPEN/START 16:30/17:30
2015年7月12日(日)新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
OPEN/START 15:00/16:00
2015年7月18日(土)大阪 京セラドーム大阪
OPEN/START 15:00/17:00
2015年7月19日(日)大阪 京セラドーム大阪
OPEN/START 14:00/16:00
2015年8月19日(水)大阪 大阪城ホール
OPEN/START 17:30/18:30
2015年8月20日(木)大阪 大阪城ホール
OPEN/START 17:30/18:30
2015年8月26日(水)愛知日本ガイシホール
OPEN/START 17:30/18:30
2015年8月27日(木)愛知日本ガイシホール
OPEN/START 17:30/18:30

チケット料金:全席指定 ¥7,900(税込)※6歳未満入場不可

[電子チケットの導入について]
本ツアーには、EMTG株式会社提供の「スタンプ式電子チケット」が導入されます。
この電子チケットはスマートフォンにダウンロードしたチケット画面に直接スタンプを押すだけで簡単に入場ができるほか、会場マップなどの役に立つ情報を配信したり、ライブ終了後も余韻 を楽しんでいただけるように、『ライブ写真』『ムービー』『セットリスト』などの記念コンテンツの配信を行い、ライブをより一層盛り上げることができるサービスです。

◆「奇跡」特設サイト
◆<KOBUKURO LIVE TOUR 2015>特設サイト
◆コブクロ オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon