ヴァン・ヘイレン、『ライヴ・イン・ジャパン』発売決定

twitterツイート

2013年6月21日に東京ドームで行われたヴァン・ヘイレンのライヴが、その名も“ライヴ・イン・ジャパン”として2枚組ライヴ・アルバムとして発売される。

◆ヴァン・ヘイレン『ライヴ・イン・ジャパン』画像

デイヴィッド・リー・ロス在籍時の7枚のアルバムからベストセレクトされた23曲のパフォーマンスがそのまま収められたまさしく待望の作品だ。1978年デビューから37年もの年月が経過しているが、ヴァン・ヘイレンのライヴ・アルバムとしてもデイヴィッド・リー・ロスのヴォーカルによる作品はこれが初リリースとなる。

また、ヴァン・ヘイレンの初期のオリジナル・アルバム6枚も最新デジタル・リマスターで順次登場する予定となっている。これも朗報だ。ファースト・アルバム『炎の導火線』は、テッド・テンプルマン・プロデュースによる今もなお語り継がれるロックギタリストにとってのバイブル的作品でもある。「悪魔のハイウェイ」「叶わぬ賭け」や「ジェイミーの涙」、そしてバンドの代名詞にもなったザ・キンクスのカバー「ユー・リアリー・ガット・ミー」、そして「暗闇の爆撃」では、鮮烈なエディ・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法に耳を奪われたものだ。その後『伝説の爆撃機』『暗黒の掟』『戒厳令』と新機軸のギタープレイとともに、アメリカンロックの裾野を広げ、5枚後の『1984』には、世界でもっともビッグなグループの一つとなり、「ジャンプ」「パナマ」そして「ホット・フォー・ティーチャー」というバンドを代表する作品を生み出している。

今回のマスタリングは、バーニー・グランドマン・スタジオのクリス・ベルマンが担当している。バンドの求めたオリジナルのサウンドを追及するため、クリス・ベルマンはアナログテープに戻って、そこからCD、アナログ、そしてデジタル配信の音源をあらたに制作しているという。

『ライヴ・イン・ジャパン』と新たにリマスターされた『炎の導火線』と『1984』をセットにした『ライヴ・イン・ジャパン<デラックス・エディション>』も発売、さらに輸入盤ではLPも登場する予定となっている。

ヴァン・ヘイレン『ライヴ・イン・ジャパン』
2015年4月1日発売
WPCR-16381/82 \2,700(税抜価格\2,500)
収録2013年6月21日 東京ドーム
Disc 1
1.アンチェインド
2.悪魔のハイウェイ
3.シーズ・ザ・ウーマン
4.アイム・ザ・ワン
5.タトゥー
6.エヴリバディ
7.サムボディ・ゲット・ミー・ア・ドクター
8.チャイナ・タウン
9.ヒア・アバウト・イット・レイター
10.オー・プリティ・ウーマン
11.ドラム・ソロ
12.ユー・リアリー・ガット・ミー
Disc 2
1.踊り明かそう
2.ウェイト
3.ロックン・ロール・ベイビー
4.ホット・フォー・ティーチャー
5.ウィメン・イン・ラヴ・・・
6.ロメオ・デライト
7.ミーン・ストリート
8.ビューティフル・ガールズ
9.アイス・クリーム・マン
10.パナマ
11.暗闇の爆撃
12.叶わぬ賭け
13.ジャンプ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス