【イベントレポート】三宅由佳莉、小学校で卒業生と熱唱

ツイート

アルバム『希望~Songs for Tomorrow』の発売日となった3月4日、海上自衛隊東京音楽隊の三宅由佳莉が、西東京市の碧山小学校の体育館でコンサートを開催、小学校の3時間目に全校児童546人が鑑賞した。

◆三宅由佳莉画像

コンサートには三宅由佳莉を含む45人の海上自衛隊東京音楽隊が参加し、発売になったばかりのアルバムから「レット・イット・ゴー~ありのままで~」、三宅由佳莉が人生初の作詞に挑んだ「希望」が披露された。東京音楽隊の演奏により美しいソプラノを披露した三宅は、「こうして体育館で演奏していると懐かしい気分になります」と語った。

児童からの「なぜ自衛隊の歌手になったのですか?」という質問には、「小学校の時に合唱団に入り、歌を仕事にしたいという気持ちをずっと持っていました」と回答、「どんな練習をしているのですか?」という質問には、「のどにある楽器である声帯をよく鳴らすために、いまでも休みの日には歌の先生に習いに行っています。アドバイスに耳を傾けることが大事」と答えてくれた。

さらに、卒業式シーズンの定番曲であり、アルバムにも収録されている「旅立ちの日に」を「心を込めて歌います」と紹介、音楽隊に加え小学校の25名の吹奏楽部員とともに3月に卒業を迎える6年生55人も合唱で加わり、フィナーレでは碧山小学校の校歌が全員で演奏しされた。


「小学校の皆と一緒に歌うということは初めてだったので、皆と声を合わせて、心を合わせて歌うことができたのは貴重な体験でした。皆さんの透き通った声に癒されて、気持ちよく歌うことができました」「小学校のとき、歌のおにいさんとお姉さんが学校に歌いに来てくれたことをとてもよく覚えていて、今回は私が子供の前で歌うことができて不思議に思っています」──三宅由佳莉

三宅由佳莉は、2013年8月に発売したファーストアルバム『祈り~未来への歌声』で「第55回日本レコード大賞企画賞」「第28回日本ゴールドディスク大賞 クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」「第6回 CDショップ大賞 クラシック賞」の3賞を受賞している。

写真:森リョータ



海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉『希望~Songs for Tomorrow』

2015年3月4日発売
DVD付限定盤 UCCY-9023 3,888円(税込)
通常盤 UCCY-1053 価格3,240円(税込)
演奏:海上自衛隊東京音楽隊
指揮:手塚裕之(東京音楽隊長2等海佐)
歌唱:三宅由佳莉(ソプラノ)(3等海曹)
1.旅立ちの日に
2.レット・イット・ゴー ~ありのままで~(映画 『アナと雪の女王』より)
3.ユー・レイズ・ミー・アップ
4.希望
5.木綿のハンカチーフ
6.椰子の実
7.花
8.この道
9.早春賦
10.愛は花、君はその種子(映画 『おもひでぽろぽろ』より)
11.シンク・オブ・ミー(『オペラ座の怪人』より)
12.見上げてごらん夜の星を
13.希望(ensemble version)
特典DVD ミュージック・ビデオ:「旅立ちの日に」「希望(オリジナル曲)」「祈り~a prayer(piano version)」
https://itunes.apple.com/jp/album/hope/id967229944?at=10l3PY

◆海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報