最新アルバム『PSYCHE』をひっさげたツアー<THE BLIND SPOT OF PSYCHOLOGY>で全国を廻ってきたAngeloが、そのファイナル公演をキリトの43回目の誕生日でもある2月24日にパシフィコ横浜にて開催した。先ごろ公開した速報レポに続いて、写真もたっぷりの詳細レポをお届けしたい。

◆Angelo 画像

オープニングはアルバムの始まりの曲でもある「Deep Psyche」。曲間でステージをおおっていた幕が振り落とされる演出に大歓声が上がったこの日のライブで、いちばん印象に残ったのはAngeloの覚悟と堂々としたステージングだった。MCをほとんど挟まない本編では『PSYCHE』の収録曲を曲順どおりに披露。アルバムの世界観をきっちり伝えると同時にリピーターも多数いるであろうオーディエンスにツアーを通して楽曲たちがいかに進化したかをごまかしのきかないセットリストで届けるという方法を貫き通した。

キレのいいギターのカッティングと重厚なリズムが絡み合いAngeloならではのグルーヴを生み出す「PERFECT PLAN」は凄みと説得力を増し、冷たさと灼けつくような熱さが混在する「THE CROCK OF ULTIMATE」は狂気を帯びたキリトのヴォーカルが抜き差しならないギリギリ感を加速させる。ツアータイトルを冠したバックスクリーンにはさまざまな映像が矢継ぎ早に映し出され、照明は客席に向かって、ときに強烈な光を放つ。研ぎすまされた緊張感と開放感がドラマティックに交錯し、興奮を煽る「Climax Show」が叩きつけられた。レーザーの光が飛び交う中、固定概念を終了させ高速で変化していくと歌う「SCENARIO」はEDMを大胆に取り入れたヘヴィチューンだ。頭の中を真っ白にさせるほど強烈で場内は大歓声で沸いた。

そして中盤では一転、繊細なアルペジオで始まるミドルバラード「PRAY」が奏でられ、客席が静まりかえる中、キリトはこの曲に込めた愛する者への願いを初めて聴く人や3階席の人にも届くように見事に歌いきった。ストーリー性を持ちながらも、静と動のコントラストが鮮やかに表現されたアルバムをより立体的に生々しく伝えたのが、このファイナル公演でもあった。雲がたちこめ、雨を降らせた空から光が射すようなカタルシスを感じさせる「報いの虹」、TAKEOのプリミティブなパワーに満ちあふれたドラミングとキリトの歌が鍵を握る「A new story」ではハンドクラッピングが起こり、大地と地平線を思わせるスケール感たっぷりの演奏が会場を包みこんでいった。新たなAngeloのストーリーを告げる曲たちはホールでより一層映える楽曲たちなのだと感じた。

アルバムを全曲演奏し終わったあとの後半戦ではキリトがこう煽った。

「ファイナル! 横浜! 行けるんですか? ヒートアップしてぶっこわれて、いつものあなた達を見せてください!」

そして「PROGRAM」ではKOHTAも前に出てきて、Karyuと向かい合ってプレイしたり、キリトとギルが絡んだりとめくるめくステージングが炸裂。「RETINA」、「My strife」などAngelo のキラーチューンが次々に放たれ、気迫のカタマリのような演奏は間違いなくベストアクトだ。同性からも熱狂的な声援が飛ぶキリトの存在感と吸引力がワンアンドオンリーなことは言わずもがなだが、Karyuとギルのツインギターも阿吽の呼吸に達し、ボトムをがっしり支えるKOHTAとTAKEOのリズム隊はAngeloの不屈の精神を象徴しているかのようだ。場内は熱狂の渦となり、ラウドかつメロディックな「MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION」で本編が終了した。

アンコールでは“君を連れていく”と歌う「Beginning」やキリトの歩んできた道のりを映し出すような「Crave to you」が披露され、恒例のメンバー紹介へ。TAKEOは会場を見渡して「いい景色だね」と煽り、キリトは「WOWWOWのカメラが入っているから言葉を選ばないと」と言いながら弟のKOHTAを「全国各地で放火してきました。精神的な意味での放火です」と紹介。KOHTAは「心を燃やすのはいいことだと思います。兄さんが言っているのはそういうことだと思います」と笑顔だ。「このツアーでひとまわり成長して精神年齢的にやっと18才ぐらいになりました」と言われたギルは「こんなに人が集まってくれて嬉しいです。端から端までちゃんと届いてるから!」と感謝を伝え、Karyuは「今日は特別な日なので素敵な夜になるのは確実ですが、1回僕にだけ声をください!」と語り会場がKaryuコールに包まれた。

そして、まだまだAngeloでやりたいことがあると伝えたキリトは今後の展開について、(1)1年ほど休む (2)メンバーそれぞれがソロ活動をする (3)KOHTAがドラマデビューをする、と三択クイズを出して笑わせたあとにこう続けた。「答えは(4)です。キミたちに息もつかせず、またツアーをやる! 今年はガンガン攻めていくから」と5月5日から全国ツアー<CREATING A SINGULARITY>が始まることを発表した。

しかし、ツアーファイナルかつスペシャルな2月24日がこれで終わるわけはない。ここでキリトが2006年のAngelo誕生時からサポートしてきたギタリストTORUxxxを呼び込み、大歓声のなかにTORUxxxがバースデーケーキと共に登場した。Karyuがバースディソングを歌って仕切ろうとするものの段取りがうまくいかず。仕方なく誕生日をキリトが自分で仕切るという、これまたある意味サプライズな場面も飛び出した。

「こんなに長く生きるとは思っていなかったけど、気がついたら突っ走っていました。基本的には何も変わりません。ただ、いろいろな景色を見てきたから。いろんな傷を自分にも与えて、人にも与えて。悲しみも見てきて、喜びも生み落としてこられたと思います。昔と少し違うことがあるとすれば、うまく言えないけれど、俺の視界に入るものはすべて愛すべきもので、1つ残らず守って一緒に連れていこうと思ってます。全部連れていく。全部守っていく。そう決めてます」──キリト

そう宣言して煽った直後にKOHTAが「兄さん、誕生日おめでとうございます。みんな、例のヤツよろしく!」と叫び、今度はファンからのサプライズ。TORUxxxが加わり、トリプルギターで演奏された「MULTI PERSONALITY」では、真っ白なサイリウムの光が会場中に灯った。KOHTAの突然の振りに不意を突かれ後ろを振り返っていたキリトはファンの行動に気づかず、客席を見て予想外の光景に再びビックリ。そして本当に嬉しそうな表情を浮かべていた。メンバーもオーディエンスもキリト生誕の日を祝い、楽しみ尽くし、6人のAngeloで「SCRAP」で暴れ倒す。ラストは最近の彼らのライブに欠かせない曲になりつつある「シナプス」で締められた。

波乱の中でAngeloを結成してからもうすぐ9年。様々な時期を乗り越えてきたからこそ今の彼らから発信される音やメッセージにはカオスを突き抜けようとするエネルギーが渦巻いている。強靭なロックバンドとして、これからもアップデートし続けていくに違いない。

取材・文◎山本弘子

■<Angelo Tour「THE BLIND SPOT OF PSYCHOLOGY」>
2015年2月24日@パシフィコ横浜セットリスト

1.Deep Psyche
2.SCARE
3.PERFECT PLAN
4.THE CROCK OF ULTIMATE
5.連鎖
6.Climax Show
7.声にならない声
8.SCENARIO
9.PRAY
10.報いの虹
11.A new story
12.PROGRAM
13.RIP
14.RETINA
15.My strife
16.CONVICTION
17.Script error
18.MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
encore
EN1.Beginning
EN2.Crave to you
EN3.想像の楽園
EN4.MULTI PERSONALITY (with TORUxxx)
EN5.SCRAP (with TORUxxx)
EN6.シナプス

■全国ツアー<Angelo Tour 2015 「CREATING A SINGULARITY」>

2015.5.05(祝) 赤坂BLITZ 18:15/19:00
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.5.06(祝) 赤坂BLITZ 16:15/17:00
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.5.09(土) Zepp DiverCity Tokyo 17:45/18:30
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.5.17(日) CLUB CITTA' 川崎 17:15/18:00
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888
2015.5.23(土) 札幌PENNY LANE 24 17:30/18:00
[問]WESS 011-614-9999
2015.5.30(土) 大阪BIG CAT 17:15/18:00
[問]キョードーインフォメーション 0570-200-888
2015.5.31(日) 名古屋ボトムライン 17:00/17:30
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2015.6.05(金) 福岡DRUM LOGOS 18:15/19:00
[問]キョードー西日本092-714-0159
2015.6.07(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM 17:15/18:00
[問]キャンディープロモーション岡山086-221-8151
2015.6.13(土) 仙台Rensa 16:15/17:00
[問]キョードー東北 022-217-7788
スタンディング ¥6,000(税込) ※ドリンク代別

■WOWOW放送<Angelo Tour THE BLIND SPOT OF PSYCHOLOGY>

2015年3月22日(日) よる11:00
http://www.wowow.co.jp/live/angelo/

◆チケット詳細&購入ページ
◆Angelo オフィシャルサイト