全米チャート、マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズが9週目の1位

twitterツイート

今週の全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)は先週に続き、ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Uptown Funk」が1位に輝いた。これで9週目のNo.1となる。

◆マーク・ロンソン画像

2位も同じく、エド・シーランの「Thinking Out Loud」がキープ。マルーン5の「Sugar」が4位から3位へランク・アップし、代わりにエリー・ゴールディングの「Love Me Like You Do」が3位から4位へ後退した。

今週は、ピットブルとNe-Yoがコラボした「Time Of Our Lives」(10位)が新たにトップ10入りしている。

アルバム・チャート(Billboard 200)は、ビッグ・ショーンの3rdアルバム『Dark Sky Paradise』が初登場で1位を獲得。彼にとって初のNo.1アルバムとなった。

2位にはキッド・ロックの10枚目のスタジオ・アルバム『First Kiss』がチャート・イン。映画『Fifty Shades Of Grey』のサウンドトラックが先週と同じく3位をキープした。

トップ2枚のほか、隠し子疑惑騒動で彼女にフラれたばかりのクリス・ブラウンとタイガのコラボレーション・アルバム『Fan Of A Fan: The Album』が7位に初登場している。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報