フィル・コリンズ、貴重なコレクションをテキサス州へ寄付

ツイート

水曜日(3月11日)、フィル・コリンズへ米テキサス州から名誉州民の称号が贈られた。テキサス独立戦争アラモの戦いに関連する歴史的遺物のコレクターとして知られるコリンズは、そのコレクション中から200以上のアイテムを同州へ寄付した。その功績がテキサス州議会から認められたそうだ。

◆フィル・コリンズ画像

コリンズは子供のとき(1950年代)TV番組『Davy Crockett, King Of The Wild Frontier』やジョン・ウェインの映画『アラモ』を見て以来、アラモの戦いに魅了され、1990年代からそれに関係するアイテムを集めだしたという。この中にはアラモの戦いで玉砕した軍人/政治家でコリンズが影響を受けた番組の主人公だったデイヴィッド・クロケットのライフル銃や手紙、同じくテキサス独立戦争の英雄の1人ジム・ボウイのナイフなども含まれるという。


テキサス州の議員は、コリンズの膨大なコレクションはサンアントニオ市にとって歴史を理解するにあたり重要なものだと話した。1,000万から1,500万ドル(約12億~18億円)の価値があるというコレクションはアラモ砦、現在は博物館となっているThe Alamoで公開される。

コリンズは2012年、彼のコレクションをまとめた『The Alamo And Beyond: A Collector's Journey』を出版している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報