マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ、10週目の全米No.1

twitterツイート

ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Uptown Funk」が今週、全米シングル・チャートで10週目の1位に輝いた。『Billboard』誌によると、10週以上No.1を獲得したシングルは1958年にチャート(Hot 100)がスタートして以来29枚目で、これだけロングラン・ヒットするのは、全No.1シングルの3%に過ぎないという。

◆『Uptown Special』画像

今週 の全米チャート(Hot 100)は、5位までが先週と変わらず、エド・シーランの「Thinking Out Loud」、マルーン5の「Sugar」、エリー・ゴールディングの「Love Me Like You Do」、リアーナ、カニエ・ウェスト&ポール・マッカートニーの「FourFiveSeconds」がそれぞれキープ。今週新たにトップ10入りしたシングルはなく、トップ100に初登場したものではカニエ・ウェストの「All Day」の15位が最高位だった。

アルバム・チャート(Billboard 200)は、ケリー・クラークソンの新作『Piece By Piece』が初登場で1位に輝いた。彼女にとって3枚目の全米No.1となる。今週はこのほか、Brandi Carlileの5枚目のスタジオ・アルバム『The Firewatcher’s Daughter』(9位)が新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報