メレンゲ、ヤマザキタケシ脱退

ツイート

メレンゲのヤマザキタケシ(Dr)の脱退が発表された。

結成当初から14年間メレンゲのリズムを支え続けてきたヤマザキタケシだが、4月24日(金)「初恋の掟」ワンマンライブを持ってメレンゲを卒業するという。クボ、タケシタ、ヤマザキの3人の話し合いのもと、それぞれが悩み抜いた末の前向きな結論であるという。

以下が、メンバーからのオフィシャルアナウンスとなる。

   ◆   ◆   ◆

ヤマザキタケシです。
少し長くなりますが、お付き合いいただければ嬉しいです。
この度、皆様にこの様な発表をしなければならない事を
大変残念に思っています。

メレンゲの立ち上げから約14年間、
僕はこのバンドに、自分の全身全霊をかけて臨んできましたし、
一生続けていくつもりでした。
僕はこの3人でメレンゲである事に誇りを持っていました。

しかし、メンバー間の個性や価値観の違いが、
時間の経過と共に徐々に違和感に変わっていきました。
良いと思える物を共有できなくなってしまったのです。
自分が、脱退という決断を下さざるを得なくなった時、
僕は正直悔しくて仕方ありませんでした。

しかし、その後自分としっかり向き合う中で、
やはりドラムという楽器が大好きという事、
そして、メレンゲという枠が外れた場所で
ヤマザキタケシ個人のドラムの可能性を試してみたい自分がいる事に気付きました。
だから、次への一歩を踏み出していこうと決めました。

皆様には本当に本当に感謝しております。
ありきたりな言葉になってしまいますが、今まで本当に有難うございました!
最後になりますが、2人でのメレンゲの音を
皆様と共に静かに見守っていきたいと思っています。

ヤマザキタケシ

   ◆   ◆   ◆

この度は突然の発表で驚かせてしまい申し訳ありません。

メレンゲが3人のバンドになり10数年。活動を続けていく中で、
メレンゲの目指す音楽像に対し、徐々にズレが生じてきていました。
そんな中でも最高の形を目指し、真摯に向き合いながら作品を作ってきました。

CAMPFIREというアルバムを完成させ、ツアーを終え、
改めてメレンゲの今後とこれからの人生を話し合いました。
お互いの音楽性に正直に、真摯に向かうことがバンドにとっても
個人にとっても幸せだと考え、別の道を歩むことに決めました。

メレンゲはこれから新たな形で活動していきます。
今までと同じように、とはいかないとは思いますが、
今まで応援してくださった皆さんの期待を裏切らないように、
僕らの信じる音楽を作っていきます。
これからもメレンゲをよろしくお願いいたします。

タケシタツヨシ

   ◆   ◆   ◆

突然の発表申し訳ありません。
十数年一緒にやってきたヤマザキとメレンゲは別々の道を歩む事にしました。
一緒に歩んできたとてつもなく長い時間は振り返れば
あっという間のような気がしています。
こうやって文章にする以上、その理由を説明しなきゃと思うのですが
やはり音楽を一緒にやっているなかでのお互いに思う感覚のズレが
次第に大きくなってきたという事です。
ここまで長くやってきて今更かという声もあると思います。
あるいは歩み寄って頑張り続けたらその先に見える
何かというのもあったかもしれません。
恋愛みたいなものでそれが何年かして後悔という形で僕に襲いかかるかもしれません。
ここまで長い時間をかけて作り上げた関係です。僕自身も相当考えました。
それでもやはりお互い別の道で頑張ろうという決断に至りました。
ありきたりなことしか言えないですが
これからのヤマザキタケシとメレンゲをどうぞよろしくお願いします。

クボケンジ

◆メレンゲ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報