ロード、オーディション番組で罵倒された出場者へ手紙とケーキを贈る

twitterツイート

ロードが、現在ニュージーランドで放送中のオーディション番組『The X Factor』で審査員から罵倒された出場者へ手紙とカップケーキを贈り、励ました。

◆手紙とカップケーキ画像

出場者の1人ジョー・アーヴァインはパフォーマンス後、ゲスト審査員だったウィリー・ムーン&ナタリー・キルズ夫妻から「髪からスーツまで、夫の真似をしている。オリジナルであることを評価、尊重しないわけ? お笑いね。趣味が悪く、むかつく。あなたが現れたことで、私はここにいるのが恥ずかしい」「安っぽく、馬鹿げている。(映画『サイコ』の主人公)ノーマン・ベイツが母親の服を着ているようだ。ちょっとゾッとするよ。僕は、君が誰かのスキンを顔に縫いつけ、オーディエンス全員を殺していくように感じる」などと、非情な言葉をかけられた。

この発言には、オーディエンスやほかの審査員からもブーイングが上がり、同番組のプロデューサーは、夫妻は審査員に相応しくないと彼らを降板させたことを発表した。

ロードは手紙で「あなたの個性、ポジティヴなエネルギー&スピリットは感染する!」「わたしの服装や動きに対して、どれだけ人からからかわれようと構わない。わたしはわたしだもの。それが大事なのよ」と、アーヴィンを励ましたそうだ。

ムーン&キルズ夫妻には、ロードだけでなく、エド・シーランやカルヴィン・ハリス、エリー・ゴールディングからも非難の声が上がっている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報