中村 中、7年ぶりのライブDVD トレーラー映像公開。天使と悪魔シーンも

ツイート


中村 中が、昨年2014年12月28日と29日の2日間、東京・赤坂actシアターにて行われたワンマンライブ<LIVE2014 敵か!?みかたか!?>を収録したライブDVDを3月25日に発売する。ライブDVDとしては、約7年ぶり、通算2枚目の作品だ。

◆中村 中 画像

今作のDisc1には2時間を超えるライブの模様を、Disc2には特典映像としてこのワンマンライブまでの密着ドキュメンタリー映像が収録され、2枚に“表”と“裏”の中村 中を収めた見ごたえのある作品に仕上がっている。

今回の会場となった東京・赤坂actシアターは、中村のワンマン直前まで、中島みゆきが主催する<夜会Vol.18~橋の下のアルカディア~>が行われており、この公演には中村も出演をしていた。よって慣れ親しんだ会場でのワンマンライブなだけあって、中村は縦横無尽なステージパフォーマンスを披露。

ライブのオープニングでは、「幾歳月」のミュージックビデオさながらスモッグの中からハンモックに吊るされて登場し、中村は観客をグっと惹きつけた。そして、最新アルバム『世界のみかた』の収録曲を中心に、デビュー曲「汚れた下着」、そして代表曲「友達の詩」など、計19曲を熱唱。妖艶でありダイナミックなバンドパフォーマンス、且つギターのみのシンプルで繊細なサウンドを繰り広げるなど、多種多様な構成により様々な感情がステージ上に溢れた。

また、今作の見どころのひとつと言えば、彼女が天使と悪魔に扮しての「朗読シーン」だろう。悪魔のストーリーの朗読シーンではステージ上の中村の容姿が徐々に黒い羽根をまとった悪魔風に変化。同様に天使のシーンでは、白い羽を羽ばたかせながらパフォーマンスを行った。そして最後には、素の“中村 中”に戻り、実は「羽根なんかなかった」という、結論的ストーリーにつながる。それは天使か悪魔か、敵か味方か──それは見方1つで違ってくる。ものの見方次第で、考え方で、その“味方”も変わってくる。当たり前の事だが、固定概念を取っ払えれば、塞がっていても気持ちが前に進む事もある。そんなメッセージを込めた映像作品だ。

デビューからシンガーソングライターでありながら女優業もこなし、マルチな才能を発揮し続けてきた中村 中。まだまだ彼女の世界は広がり続ける。




中村 中『LIVE2014 敵か!?みかたか!?』

2015年3月25日発売
TEBI-54345~6 ¥5,000+税 / DVD(2枚組)
[Disc 1]
1.幾歳月
2.おつきさま
3.タイムカプセル
4.思い出とかでいいんだ
5.友達の詩
6.戦争を知らない僕らの戦争
7.おまえの家
8.I Talk To The Wind
9.リンゴ売り
10.青春でした。
11.同級生
12.白夜
13.後悔してる
14.事勿れ主義
15.旅人だもの
16.世界のみかた
17.汚れた下着
18.ずっと君を見ている
19.愛されたい

Disc 2:特典DVD 密着!!敵か!?みかたか!?の見方!!

この記事をツイート

この記事の関連情報