スコット・ウェイランド、ファンへの言動を謝罪

twitterツイート

スコット・ウェイランドが、コンサートの後もうけられたファンとの交流の場(ミート&グリート)で、態度が悪かったことを謝罪した。

◆スコット・ウェイランド画像

ウェイランドは3月14日、米ボストン公演終了後、スペシャル・チケットを購入したファンと対面したが、出席した人たちから彼の態度がすこぶる悪かったとの苦情がいくつかファン・フォーラムに寄せられていた。

ウェイランドは、話しかけてきたファンの方を見向きもせず「さっさとこの馬鹿げたことを終わらせようぜ」と、大急ぎで写真撮影を済ませようとしたり、下品な言葉を投げかけるなど、ファンをぞんざいに扱ったそうだ。話は聞きたくないとはっきり言われた人もいたらしい。

これに対し、ウェイランドは火曜日(3月24日)、Facebookに謝罪文を掲載した。「ボストンでミート&グリートに出席したファンへ深くお詫びしたい。自分の態度や口にした言葉を恥ずかしく思っている。ファンはそんな扱いを受けるいわれはない。ファンやサポーターがいなかったら、俺らはいまやっていることをできなかっただろう。あの夜、ショウに全力を尽くし、正直言って疲れているなんてものじゃなかった…。なんであれ、俺の態度は完全にろくでなしだった。それは本当に悪かったと思っている」

ウェイランドはこの夜、酔っているように見えたという。ファンはミート&グリートへ出席するのに150ドル支払ったそうだ。

ウェイランドは今月末、The Walkaboutsとニュー・アルバム『Blaster』をリリースする。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス