【インタビュー】MAGiC BOYZ「武道館は通過して東京ドームを目指します」デビューシングル「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴ~」

ツイート

■世界中で「ぴっぴっぴ~」を流行らせて世界進出したい
■最終的にはラップ界の重鎮になれたらいいなぁと思います


▲「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴ~」初回限定盤

▲「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴ~」通常盤

――では、デビューシングルの話をしたいと思います。タイトルは「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~」ですけど、一見可愛いタイトルですよね。でも、曲を聴いたらカッコいい。ラップはこの曲からはじめたの?

ユウト:はい。ラップはノリが難しいですよね。普通のメロディじゃないから。

リュウト:そうそう。歌なら、曲調に変化があるけど、ラップは言葉だから。一定のリズムで言葉だけが変わっていくから、滑舌も良くなければいけないし。もともと僕は音感にコンプレックスがあったから、最初は、ラップなら音をとらなくてもいいから、すぐに出来るかなと思ったんです。でも、滑舌が……。そこが一番苦戦したところです。しかも、今まで聴いていたラップは結構スピード感があるものだったから、そんな感じかと思ったらテンポがゆっくりだったので大丈夫かなぁ?って。

トーマ:でも、サビはノリがいいので、そこは聴いたみんなも一緒にノッてくれたらうれしいです。特に「ぴっぴっぴっ」のところは覚えやすいから。

リュウト:日常生活でも「ぴっぴっぴっ」を使ってほしいです。これからも僕らがどんな魔法をかけるのか注目です。

――カップリングの「MAGiC RIDE~ブン!ブン!ブン!~」は4人それぞれの自己紹介的なラップが入っていて、みんなのことがよくわかる曲になっているんですね。ライヴで唄っても、それぞれのことを覚えるだろうし、自己紹介にもなる曲で。

トーマ:はい。リリックを書いてもらう前に、僕らがアンケートに答えて、それを元に作ってもらったんですよ。

▲名刺:トーマ

▲名刺:ユウト

▲名刺:リュウト

▲名刺:フウト

リュウト:アンケートに書いたことが忠実に描かれていました。あと、リリックは書く人によってノリが変わるんだなぁって。僕、自分でも自己紹介的なリリックを書いてみたんですよ。そうしたら、最後の「韻」の部分が、全部「yo!」で終わっちゃって。2行で終わりました(笑)。

ユウト:僕のところには、プロフィールにも好きな食べ物として書いている「数の子」が入ってるんですけど、ずっと唄っていると「本当に好きなのかな?」って疑問が湧いてきますね。なんか……好きじゃなくなってくる(笑)。もう言うのをやめようかと。

フウト:僕は、「風切って飛ぶ」というところがよくわからなかったんです。でも今は、合ってるのかなって。サウンドも。

――ははは(笑)。4人どれぞれがラップするパートごとに、トラックも違う表情ですもんね。

リュウト:トーマのところはおっとりしてる感じだったりね。

ユウト:そうそう。すごいマイペースな感じが出ている。

トーマ:自分はそういう系だとは思ってなかったんだけど、人から見たら、こんな感じなのかって。

――「MOTE☆MAGiC」という曲も入っていますけど、やはり、みんなはモテたいんですか?

リュウト:そりゃぁ、まぁ、少しはモテたいと思います。MAGiC BOYZとしての活動もしているので、ちょっとぐらいチヤホヤされてもいいと思うんですけど、現実は甘くない。

トーマ:うん、甘くない!

リュウト:モテるのは大切ですよ。人脈を広げるためにも!

フウト:自分的には、女の子がいっぱい集まってきて、「キャ~、フウトくーん」みたいなのが理想ですよね。「私にもサインくださーい!」って……そんな感じになればいいなぁ。

ユウト:僕はあまりモテたいと思っていないんです。モテて何がしたいのかなって。モテて、いいことがあるのかってことを考えると、特にあまりないと思う。だから別にモテなくてもいいんじゃないかなって。

一同:えぇ~~~~~!

リュウト:きっと、ユウトはもうモテてるんだよ。ユウトの学校生活が見てみたい……。

――「ドンマイ~The Shock Doctrine Mix~」は、すごくメッセージ性があって、「政治家脳みそ足りない」とか、かなり辛辣。

リュウト:最初、このリリックをラップしちゃっていいのかなって思いました。

フウト&トーマ:うん、思った。

リュウト:でも、正しい。今の日本に足りないことだから。

ユウト:うん、そうだよね。足りないこと。

リュウト:このレコーディングのとき、ちょうど金欠だったから、「小遣い全然足りない」っていうのもリアルだったし(笑)。

――最後にMAGiC BOYZの目標を聞かせてもらえますか?

トーマ:世界中で「ぴっぴっぴ~」を流行らせたい。世界進出したいですね。最終的にはラップ界の重鎮になれたらいいなぁと思いますし、他の活動もいろいろ頑張りたいです。

ユウト:個人的な目標なんですけど、自分が好きなラッパーは、AKLOさんとかSALUさんなんです。AKLOさんやSALUさんって、声の出し方とか、しゃべってるときの声と唄っているときの声を変えてラップをするんですけど、僕もそういうラップが出来るようになりたい。あと、カッコいいニュアンスをつけてすぐに言葉を出せるようになったらいいなぁと思います。

リュウト:俺は、将来のことまでしっかり考えていますよ。この先、ラップを本気でやって、そこそこ人気が出て来たらSALUさんやAKLOさん、色々なラッパーの方とコラボをして、さらに人気を集めて全盛期を迎え、その後は引退して印税で暮らす……という。

一同:わははは。

フウト:MAGiC BOYZで人気が出れば、ドラマの監督からいろんなオファーも来るようになると思うので、俳優の仕事もしながら、MAGiC BOYZの活動も頑張りたいです。最終的にはオバマ大統領よりも有名になって、アメリカでもMAGiC BOYZを知ってもらって、ハリウッド映画ですね。

――3月29日にはEBiDANのユニットが集まるイベント<EBiDAN THE UNiON>にも出演が決定していますね。ライヴは楽しいですか?

一同:めっちゃ楽しい!

フウト:ステージにいるときは何もかも忘れるくらいです。これからもライヴは頑張ってやっていくと思うので、まずは東京ドームを目指したい。武道館は通過します(笑)。

取材・文●大橋美貴子



『MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~』

デビューシングル
『MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~』
2015年3月18日(水)発売
HIPHOP界の著名アーティストが参加
NIPPS (BUDDHA BRAND、TETRAD THE GANG OF FOUR)
MACKA-CHIN (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND)
VIKN(TETRAD THE GANG OF FOUR)
3/18(水)~日本国内だけでなく、アメリカ・台湾・マカオ・フィリピンでも全曲配信決定

[初回限定盤]CD+DVD ZXRC-1003 / 1,500円+税
【収録内容】
■CD
01. MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~
02. MAGiC RiDE~ブン!ブン!ブン!~
03. MOTE☆MAGiC
04. ドンマイ~The Shock Doctrine Mix ~
■DVD
「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~」トレーラー・メイキング映像

[通常盤]CD ZXRC-1004 / 1,200円+税
【収録内容】
■CD
01. MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ~
02. MAGiC RiDE~ブン!ブン!ブン!~
03. MOTE☆MAGiC
04. ドンマイ~The Shock Doctrine Mix ~

ライブ・イベント情報

<EBiDAN THE UNiON vol.1>
日程:2015年3月29日(日)13時スタート
場所:東京・ゲートシティ大崎 アトリウム(地下1階)
内容:フリーライブ&特典会(ライブ観覧無料)
出演:M!LK、さくらしめじ、MAGiC BOYZ、EBiDAN39

<4月イベント情報>
4/1(水)@マルイシティ渋谷1F店頭プラザ
4/5(日)@渋谷MILKYWAY
4/18(土)@コクーン新都心 1Fコクーンプラザ
4/25(土)@アリオ川口 1Fセンターコート
4/29(水・祝)渋谷でチル-lesson.3-@2.5D


◆インタビュー(1)へ戻る

関連画像&映像

◆MAGiC BOYZ 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報