スキッド・ロウ「ジョニー・ソーリンガーに電話で解雇を告げた」

ツイート

「ソロとしてのキャリアを追求するため、スキッド・ロウを辞めることにした」との声明を発表したジョニー・ソーリンガーだが、スキッド・ロウのメンバーは、彼の脱退を決めたのは自分たちであり、電話でそれをソーリンガーに伝えたと明かした。

◆ジョニー・ソーリンガー画像

これを公けにする必要があったのかは疑問だが、SirusXMの『Eddie Trunk Live』でソーリンガーの脱退について問われたデイヴ・スネイク・セイボはこう答えた。「まず、よくある話だが、俺らはジョニーに悪い感情は抱いていない。俺らの観点からするとね。でも、俺らは変化を迎えるときがきたって感じた」

「しばらく、そう考えていたんだ。ジョニーと一緒だったこの15年間に感謝している。でも、変化を遂げるときがきたって感じだった。それで、レイチェル、スコッティ、ロブと俺で話し合い、何かやるなら今だって思ったんだ」

「(ソーリンガーが)どう言っているとしても……、これは“彼の言い分、彼女の言い分”じゃないけど…、俺らは長いこと検討してきた。これは俺らが決定したことで、彼に電話をかけ、俺らは変わる、新しいシンガーとスキッド・ロウを前に進めるつもりだって伝えた」

レイチェル・ボランは、この1年、スキッド・ロウの方向性に関してソーリンガーと他のメンバーの間には意見の相違があったと付け加えた。セイボは、ソーリンガーは「いい奴だ」と、彼の性格に問題があったわけではなく、突然の解雇の知らせに彼は逆上することもなかったと話した。

彼らは、ニュー・シンガーに元TNTのトニー・ハーネルを迎えたが、その発表の数時間前にソーリンガーに電話したそうだ。

スキッド・ロウはこの夏、2013年にチャプター1を発表した『United World Rebellion』のニュー・チャプターの制作をスタートする予定。5月22日にカナダでトニー・ハーネルとの初公演を行う。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報