マーティ・フリードマン「メガデスに戻る理由がない」

ツイート

ニック・メンザが先日、メガデスの『ラスト・イン・ピース』ラインナップが復活寸前だったことを明かしたが、その一人マーティ・フリードマンが自身の見解を述べた。

◆マーティ・フリードマン画像

アルゼンチンのラジオ局Vorterixのインタビューで、フリードマンはこう話したという。「ニックの話については何も知らない。彼が何を言ったのが、全く知らない。でも、これは言っとくよ。もちろん、僕はメガデスに加入するよう誘われた。今回だけじゃない。(これまで)何度もだ。ただ、僕にはいま、メガデスに参加する理由がない」

「バンドに空きがあるからって、“おお、メガデスに加入するチャンスだ”ってなるわけじゃない。僕には全くそうする理由がない。でも、ムステインやエレフソンとはものすごく親しいんだ。兄弟のように愛している。だから、彼らが話があるというなら、僕はそれを聞くよ。僕らはすごく仲がいい。僕は彼らを応援しているし、彼らの成功やパワー、最善を願うのみだ。でも、僕にとって、バンドに空きがあるってだけじゃ、突然いまやっていること全てを投げ出し、彼らにジョインする十分な理由にはならない」

フリードマンはメガデスでの日々を誇りに思っているが、前へ進んだほうがいいと、過去を追う理由はないと話した。

メガデスは、ラム・オブ・ゴッドのクリス・アドラー(Dr)とアングラのキコ・ルーレイロ(G)を迎え、ニュー・アルバムの制作を開始した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス