キース・リチャーズ「聴く人たちがいる限り、やり続ける」

ツイート

ミック・ジャガーの「リタイアは考えていない」宣言に続き、キース・リチャーズも「止めるつもりはない」と話した。

◆キース・リチャーズ画像

『Rolling Stone』誌のインタビューで、「ザ・ローリング・ストーンズがツアーを止めるときが見えるか?」と質問されたキースはこう答えた。「いや、考えてない。それは他の連中に任せるよ」「俺にその気があり、聴く人たちがいる限り、俺らはやる」

「(バンドが)どこまで進化できるのか見てみたい。どうなるのか要望もなければ、とくにビジョンがあるわけでもないが、俺はその一部なんだ、どこまで行くのか見てみたい」

ザ・ローリング・ストーンズの新作の可能性について、ミックは「レコーディングしたい新曲がたくさんある」と話したが、キースもメンバーとスタジオへ入りたいと考えているそうだ。「俺ら、ツアーの後にレコーディングしようかって話してる。でも、まだ確定じゃない。ただアイディアを出し合ってるとこだ。俺は、ボーイズをスタジオへ戻したいよ」

キースはまた、9月にソロ・アルバムのリリースを予定しており、それに続くツアーもあり得ると話した。

ザ・ローリング・ストーンズは5月24日から北米で<ZIP CODE>ツアーをスタート。ミックは、まだ具体的には決まっていないが、秋の終わりにさらなる公演を検討している最中だと話している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報