ブラック・グレープ、ベズの政党のために再結成

ツイート

ハッピー・マンデーズ解散後の1993年にジョーン・ライダーとベズが結成したブラック・グレープが、週末(4月11日)、ベズの政党We Are The Reality Partyのキャンペーンとホームレスのチャリティー団体Coffee4Craigを支援し、地元マンチェスターで再結成ギグを開いた。

◆ハッピー・マンデーズ画像

バンドは、700人のオーディエンスを前に「In The Name Of The Father」「Tramazi Parti」「Get Higher」「Reverend Black Grape」「Yeah Yeah Brother」「Tell Me Something」「A Big Day In The North」「Shake Well Before Opening」「Kelly’s Heroes」「Rubber Band」「Little Bob」の11曲をプレイしたという。

ブラック・グレープのデビュー・アルバム『It’s Great When You’re Straight…Yeah』(1995年)は全英チャートの1位を獲得。2年後、2ndアルバム『Stupid Stupid Stupid』をリリースしたが、1998年、ライダーが次々メンバーを解雇する形でバンドは解散した。

ベズは1月、選挙に出馬することを宣言。彼が結成した政党Reality Partyが別の政党The Realists’ Partyと名前が似ていたため、登録が認められないというハプニングもあったが、We Are The Reality Partyに改名することで解決。UKで5月に開かれる総選挙に挑む。

"It was an election rally was a difference as Happy Mondays maracas man Bez invited hundreds of revellers to the former Granada Studios building for a late night rave" - ML

Posted by The Reality Party on 2015年4月13日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス