ザ・ストロークス、ニュー・アルバムのレコーディングを計画

ツイート

この夏いくつかのサマー・フェスティヴァルでプレイするザ・ストロークスは、ニュー・アルバムのレコーディングも計画しているという。

◆ザ・ストロークス画像

リード・シンガーのジュリアン・カサブランカスはNoisey.comのインタビューで、近々メンバーに会うと、こう話したという。「僕ら、レコーディングを計画してる。僕は、まだ僕らはクールなことができると思ってる。そうするつもりだよ」と話した。

2014年、新しく結成したバンドThe Voidzと2枚目となるソロ・アルバム『Tyranny』(Julian Casablancas + The Voidz名義)をリリースしたカサブランカスは、「できることなら、両方(のバンド)ともやりたいんだ」と続けた。

ザ・ストロークスの新作は、2013年の『Comedown Machine』以来、6枚目のスタジオ・アルバムとなる。彼らは5月8日に米アトランタでパフォーマンス。その後、フロリダやスペインで開かれるフェスティヴァルに出演した後、6月18日にロンドンのハイド・パークでプレイする。

カサブランカスは並行して、Julian Casablancas + The Voidzのツアーも行う。こちらは5月29日からヨーロッパでパフォーマンス。バルセロナで開かれる<Primavera Sound Festival>には、両バンドが出演する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報