<KESEN ROCK FESTIVAL’15>、第2弾出演者にTHE BACK HORN、G-FREAK FACTORY

twitterツイート


7月18日(土)&19日(日)に岩手県気仙郡・種山ヶ原イベント広場にて開催される<KESEN ROCK FESTIVAL’15>の出演者第2弾発表が行われた。

◆<KESEN ROCK FESTIVAL’15>出演者第2弾 画像

2015年度の開催で第6回目を迎えるロックフェス<KESEN ROCK FESTIVAL>。この度出演が発表されたのは、THE BACK HORNとG-FREAK FACTORYだ。そして「復興支援ブース」には、すでに参加がアナウンスされている東北ライブハウス大作戦のほかにも、東北の子供達への支援を中心に音楽で繋がった仲間が有志で活動しているボランティア団体「LOVESONG大作戦」と、東日本大震災で友人を亡くした代表が千葉県木更津市で結成したボランティア団体「Team-K」が加わることが明らかになった。

THE BACK HORN

G-FREAK FACTORY

<KESEN ROCK FESTIVAL’15 公演概要>

開催場所:種山ヶ原森林公園 種山ヶ原イベント広場 特設ステージ
(岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢 30-39)

平成27年7月18日(土) 雨天決行
OPEN 9:30(一日入場券でご来場のお客さまは開場時間が10:00となります。)
OPEN 11:00
CLOSE 19:30(予定)
駐車場開門時間:会場駐車場8:30 / 越路駐車場7:30

平成27年7月19日(日)雨天決行
OPEN 10:00
OPEN 11:00
OPEN 19:30(予定)
駐車場開門時間:会場駐車場9:00 / 越路駐車場7:30

[出演]
■7月18日(土)
ASPARAGUS
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
G-FREAK FACTORY(NEW)
ストレイテナー
…and more!!

■7月19日(日)
10-FEET
THE BACK HORN(NEW)
the band apart
FRONTIER BACKYARD
…and more!!

[復興支援ブース]
東北ライブハウス大作戦
LOVESONG大作戦(NEW)
Team-K(NEW)

※KRF’15は2DAYS開催です
今年のKRFは、昨年同様に、18日(土)と19日(日)の「KESEN ROCK FESTIVAL’15 2DAYS」として開催いたします。また、恒例の「KRF CAMP NIGHT」は、先行チケット(2日通し券)をご購入いただき、会場泊されるお客様への特典として、1日目の終演後にスペシャルイベントとして開催いたします。

[チケット]
■チケット先行受付取扱い券種
入場券:二日通し入場券 12,000円 ※SOLD OUT
(会場内でのキャンプ可・バーベキュー不可)
駐車券:二日通し駐車券 4,000円 ※SOLD OUT

■チケット一般発売取扱い券種
入場券:(Lコード:22376)
一日入場券(土)6,500円 (会場内でのキャンプ不可・バーベキュー不可)
一日入場券(日)6,500円 (会場内でのキャンプ不可・バーベキュー不可)
駐車券:(Lコード:22377)
会場駐車券(土)2,500円
会場駐車券(日)2,500円 ※SOLD OUT
越路駐車券(土)2,500円
越路駐車券(日)2,500円 ※SOLD OUT

シャトルバス券 ※料金調整中
水沢江刺発着 (7/19のみの運行となります)
JTBツアーバス券 ※料金調整中
東京発着/仙台発着/盛岡発着/住田発着

[チケット一般発売]
平成27年3月22日(日)正午よりローチケ、イープラスにて販売中。
(JTBツアーバス券、シャトルバス券の販売開始日は上記と異なる場合がございます)
※各駐車券、シャトルバス券はローソン・ミニストップ店頭Loppiのみ取扱い販売。
※JTBツアーバスは専用ページよりご購入ください。
※会場駐車場は第一と第二と御座いますが、先着順に振り分けとさせて頂きます。
※販売枚数に達した場合は販売終了となりますのでご了承ください。

<KESEN ROCK FESTIVAL>とは?

岩手発の「アットホームな音楽フェス」として出演者やファンから〝田舎の夏休み〟と称され、支持を広げるKRF。イベントは6年前、数人の無謀な地元民の手で始められました。
岩手県南部に位置する陸前高田市・大船渡市・住田町は、2市1町合わせて「気仙(けせん)地方」と呼ばれますが、地方の過疎・空洞化の例に漏れず、閉塞感ただよう地域です。
働く場所は限定され、自己の可能性を試す機会も少ない。若者たちは地域に魅力を感じ得ないまま、居場所を外へと求め、どんどん流出していきました。

この状況を打破したいという共通の願いを持ったメンバーが2009年に集結。住田町の高原において7月「KESEN ROCK FESTIVAL '09」を初開催しました。

実行委員は全員、地元で働く20代から40代。イベント運営に関しては完全な素人です。しかし「田舎にいても、やろうと思えばできるんだ」という事実を証明したいと、翌年も続けてイベントを敢行。人口6,000人あまりの住田町に、両年とも約2,500人の集客があり成功を収めました。
ステージは手作り、テントは地域からの借り物、飲食ブースに郷土料理、といった飾り気のなさや温もり、気仙の美しい自然とがあいまった〝唯一無二のフェス〟として、小規模ながら大きな支持を得ています。

3回目を目指した2011年には東日本大震災が発生し、開催を断念。しかし、KRFに携わったアーティストや来場者の皆様が当フェス再開を願い、多大なご支援をくださったおかげで、2012年に2日間2ステージ開催で復活。実行委員の心に再び不屈の炎が灯りました。そして引き続き、一昨年、昨年と、2日間の開催が継続され、数多くの感動の記憶もいまだ浅いところです。

抱えきれぬ感謝を胸に、KRFは6回目となる本年のイベント成功を目指しています。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス