【ライブレポート】FAKE?、熱気に包まれた会場は酸欠状態

twitterツイート

4月25日、KEN LLOYD率いるFAKE?が新宿BLAZEにて約10ヶ月ぶりとなるワンマンLIVE<Glitter And Bruise>を開催した。

◆FAKE?画像

d-kiku(Manip & Syn)、MASUO(Dr / BACK DROP BOMB)、峰正典(G)、JOE(B / Fuzzy Control)、PABLO(G / Pay money To my Pain)、そしてKEN(Vo)の順番でステージに登場、フロアからはライブを切望していた熱い歓声が一気に立ち上がった。

2014年にリリースされた8thアルバム『The Lost Generation』から、Dubstep色満載の激しい「Serial Killa」で始まったライブは、1曲目からかなりの盛り上がりを見せ、続く「Buzz」「Utopia」で会場は大合唱、序盤からバンドとファンの一体感で会場は多いに沸いた。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報