【インタビュー】分島花音、“今立っている場所は間違いじゃなかったんだよ”という想いを込めた「RIGHT LIGHT RISE」

ツイート

チェロを自在に操るシンガーソングライター分島花音がニューシングル「RIGHT LIGHT RISE」をリリース。これは、TVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のエンディングテーマとなり、新たな分島花音を感じる、物語性のあるキュートな躍れるナンバーとなっている。

◆分島花音~画像&映像~

■声を張ると子供っぽい声になっちゃって
■“え? これ、誰の声!?”って聞いちゃった


▲「RIGHT LIGHT RISE」初回限定盤

▲「RIGHT LIGHT RISE」通常盤

▲「RIGHT LIGHT RISE」通常盤(差替えジャケット)

──アルバム『ツキナミ』リリース後、初のニューシングルになりますが、今作を作る上で意識したことはある?

分島花音(以下、分島):今回の「RIGHT LIGHT RISE」は、テレビアニメの『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』のエンディングテーマとして作らせていただいた楽曲でもあるんですけど、先方のリクエストの雰囲気というのが、いままでにあまりやってきたことのないモノだったので、難産でした。

──先方からは具体的にどんなリクエストが?

分島:エンディングテーマではあるんですけど、オープニングにも値するような、明るくて元気な雰囲気の楽曲を、というリクエストだったんです。アニメの作品自体がファンタジーなもので、勇者やダンジョンが出て来る冒険的なイメージなので、アレンジの方から、“マーチっぽい感じにしたらどうですか?”って言われたのもあって、あ、だったらトランペット吹いて欲しい人がいる! と思って、ライヴでも演奏していただいたことのある湯本さんにお願いすることにしたんです。そんなところから、行進曲っぽい楽曲をイメージして、リズムもマーチングっぽいドラムにして、アニメと擦り合せるようにしていったんです。

──ドラムのマーチングとトランペットが印象的な1曲だもんね。

分島:そうなんです。今回は敢えてバンドサウンドを中心に持ってきたかったのもあって、ストリングスを入れていないんです。シングルでストリングスをレコーディングしなかったのは、今回が初めじゃないかな。今回、自分の中では、ライヴに似合う曲を作ろうという想いも同時にあったので、バンドサウンドを中心に持ってきた曲を作ってみたんです。ライヴでフラッグを振って遊んでもらえるようにしたくて、テンポもフラッグを振りやすいテンポ感にしたし、Dメロでは手旗みたいな振り付けも考えました。

──ミュージックビデオでも、そこの振り付けの部分はしっかりと見えるよね。今話しを聞いて、なるほど、なテンポ感だなって思った。自然と手旗をしたくなるようなテンポ感だしリズムだし、メロだもんね。

分島:ありがとうございます! そう言ってもらえると嬉しいです。すごく考えながら作ったんで、いつも以上に時間がかかったんです。

──そっかそっか難産だったんだもんね(笑)。でも、本当にループ感が気持ちいいなって。でも、中盤からはガラッと景色を変えるよね。

分島:そうなんです。ずっと同じ雰囲気で通しても良かったんですけど、雰囲気が変わるところでは、日常から離れさせたかったというか。アニメのストーリーで言うなら、日常からダンジョンに入って、敵が現れたシーンにしたかったんです。1曲の中にストーリーを作って、物語が進んでいくように見せたかった。なので、その部分だけはマイナーにしたんです。

──声が重ねられている部分も印象的だよね。

分島:掛け合いみたいになっているところで、何回か自分の声を重ねて録っていったんですけど、すごく子供っぽくなっちゃって(笑)。

──そう(笑)!? 曲の雰囲気にすごく合ってると思ったけどな。

分島:いやいや、なんか普段からあんまり大人っぽい声ではないのに、声を張ると余計に子供っぽい声になっちゃって、ブースで録音して出て来て聞いたときに、スタッフさんに、“え? これ、誰の声!?”って聞いちゃったんです(笑)。

──自分の声なのに!?

分島:そうなんですよ(笑)。自分ではこんな声じゃないはずなのに、聞こえてくる声が軽くて弱い感じで……。スタッフさんたちに、“いやいやいや、これ、花音ちゃんの声だよ!”って、ビックリした顔で突っ込まれちゃったんです(笑)。本当は、もっと重ねてあったんですけど、厳選して3人の私にコーラスをしてもらったんです。

──なるほど(笑)。歌詞はストーリーに沿わせて?

分島:そうですね。原作の小説を読んでイメージを固めていったんですけど、主人公と主人公と一番関連のある神様とのやりとりがメインとなっているお話でもあるので、2人の絆みたいなモノを書いていけたらなと思って書いた歌詞でしたね。

──歌詞の中に、自分の今と重ねた部分はあった?

分島:そうですね。このアニメのタイトルが、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』って、自分に対して選択を間違ってはないか? って自問している感じというか。人生って、そういうタイミングっていっぱいあると思うんですね。そういうときって誰にでもあると思う。私自身もそういうときって、やっぱりあったし。遠回りをしたり、いろいろと道を踏み外しちゃったりもするけど、でも、今、こうして立っているということは間違いではないよって、みんなに言ってもらっているような気がしたんです。

──花音ちゃん自身がね。

分島:はい。自分が行きたかった場所って、自分が思い描いていたアーティスト像とは別なところに今立っているのかもしれないけど、この場所に居るからこそ生み出せた音楽とか、私の曲をこうして聴いてくれる人たちに出逢えたこともあったんだろうし。そういう意味で、みんなに“今立っている場所は間違いじゃなかったんだよ”って言ってもらえてる気がしたので、そんな想いを歌詞に込めてみたんです。

──なるほどね。すごくいい話しだね。ミュージックビデオのイメージは?

分島:今回は手旗のシーンを入れたくて、私以外の人たちも目立ったアクションがあるといいなぁと思ったので、そんなふうにリクエストしてみたら、監督さんから、“ダンサーさんを付けてみるのはどうですか?”っていう案を貰って。それで躍っているシーンがたくさん盛り込まれることになったんです。色もいっぱいあるし、小物もいっぱいあって可愛いし。子供の歌の教育番組みたいな感じというか(笑)。イメージどおりの可愛いミュージックビデオに仕上がりました。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス