中島卓偉を中心に、アップフロントグループのアーティストがジャンルの枠を越えて集まる音楽イベント<MUSIC FESTA vol.3>ファイナル東京公演が、5月15日にTSUTAYA O-EASTにて開催された。

◆<MUSIC FESTA vol.3>画像(LoVendoЯ、THE ポッシボー、中島卓偉ほか)

<vol.0>から数えて4回目となった<MUSIC FESTA>。今回はバンマスの中島卓偉に渡瀬マキ、LoVendoЯといったメンバーに加えて、THE ポッシボーが全公演ゲストとして参加した。

いつものテーマ曲とともに、真っ白なスーツ姿に身を包んださわやか五郎がステージイン。そして出演メンバーをひとりずつ呼びこむ。ところが冒頭、クリスタルボイスの松原健之と、本イベントの中心人物・中島卓偉の姿がない。そのままイベントをスタートさせようとするさわやか五郎と、戸惑いを見せる出演者たち。すると突然、「大都会」のイントロとともに、松原健之と中島卓偉がゆっくりと登場。なぜかふたりでクリスタル・キングのハモリを聴かせるところから<MUSIC FESTA vol.3>はスタートする。


全員でリンドバーグの大ヒット曲「BELIEVE IN LOVE」を披露した後、トップバッターは、田崎あさひと長谷川萌美のBitter&Sweet。現在全国ツアー中の彼女たちからは、東京公演が無事ソールドアウトしたことが報告される。「私、初めて言うんですけど、私の1年の中で一番の楽しみが<MUSIC FESTA>なんですよ。大好きな音楽をやれてるって心から思います。」と、まるでファイティングポーズをとるかのように足を前後に大きく開いて鍵盤に立ち向かう田崎と、ステージをところ狭しと動きまわり、最前列の観客にも手が届きそうなほど乗り出して歌う長谷川。ふたりの勢いあるステージに会場は最初から大盛り上がりを見せる。