ボーイ・ジョージ、アメリカへ移住

ツイート

英国のアワーズでブリティッシュ・ミュージックへの貢献を称えられたばかりのボーイ・ジョージだが、アメリカへの移住を計画しているそうだ。自分のやりたいことは英国にいてはできないと感じているという。

◆ボーイ・ジョージ画像

彼は『The Sun』紙にこう語った。「僕のやりたいことは、ここではできないと思っている。アメリカへ移る必要がある。ここでは20年以上、僕の曲はラジオでかかっていない。僕のヒーロー達、(デヴィッド・)ボウイにロッド(・スチュワート)、みんな(英国を)去った。正直言って、僕の出発は長いこと、延び延びになってたんだ。僕は、自分にとっていいとは言えない状況に固執する傾向があるからね。でも、今回は家を売って、向こうで買うつもりだ」

ボーイ・ジョージはこれから、『カーダシアンズ』の制作チームと彼の生活を追ったリアリティ番組を作る予定。「その話が出たとき、最初はわずらわしいって思った。でもアメリカでは、ひとつの芸術スタイルになっている。僕のキャリアはいま、壁に穴をあけ新しい扉を作る時期にある。賢い人は、物事はこうあるべきだって固執したり不平を言わず、前へ進み、新しいものを創っていく」

ボーイ・ジョージは木曜日(5月21日)、アイヴァー・ノヴェロ・アワーズでOutstanding Contribution To British Musicアワードを受賞。「学校では、窓から外を見てるか、デヴィッド・ボウイの絵を描いていた」「僕は楽器を弾かないメロディ・ライターだ」「30年以上、自分が好きなことをやり続けてこれてサイコーだ。なんて人生だ」と話した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報