RIP SLYMEのSU、映画『夫婦フーフー日記』で出版社の編集者に。佐々木蔵之介と話したくて「なるべくNGをいっぱい出しました(笑)」

ツイート


5月30日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開される映画『夫婦フーフー日記』に、RIP SLYMEのSUが出演していることが明らかになった。

この映画の原作は、38歳という若さで亡くなったヨメと、彼女を支え続けたダンナの実在の闘病ブログから生まれ、2011年に出版された『がんフーフー日記』(小学館刊)だ。作家志望の「ダンナ」と長年友人だった「ヨメ」は出会って17年目にして結婚、だが、まもなく妊娠とヨメの悪性腫瘍が発覚してしまう。出産・育児、闘病と怒涛の日々を駆け抜けた夫婦の記録である。映画化にあたっては、「死んだはずのヨメと残されたダンナが、一緒に生きた夫婦の日々を振り返る」という設定が加えられ、ブログには書かれなかった夫婦の想い、そして家族の愛を浮き立たせ、笑いながら涙が溢れるようなストーリーとなっている。主演を務めるのは佐々木蔵之介と永作博美だ。

RIP SLYME・SUは、本作で映画初出演となる。ヨメが亡くなって間もなく闘病ブログ出版の話が舞い込み、念願の作家デビューに有頂天になっていたダンナ(佐々木蔵之介)であったが、喜びもつかの間、その話が立ち消えに。一度は落胆し、自暴自棄になるダンナであったが、本が大好きだったヨメの姿を思い出し、ダンナは自ら出版社へ原稿の持ち込みを始める。その出版社の編集担当者を、SUは演じている。

SUの起用理由をプロデューサーは、「以前、ドラマに出演されていたのを拝見しており、独特の存在感が印象に残っていました。今回お願いした映画の役は出番は少ないのですが、佐々木蔵之介さん演じる主人公・ダンナの気持ちを揺さぶる大事なシーンなので、どなたにお願いしようかと考えたとき、真っ先に頭に思い浮んだのがSUさんでした!」と語っている。

そして初めての映画の撮影現場に、SUはこのように思いを述べている。「映画はほんと初めてで。ものをまめに作る姿勢といいますか、こだわりやチーム力が強い感じがします。スタッフの人数も多くてびっくりしました。本当に最高の経験ですね。二度とないでしょうね。もちろんそれなりの覚悟はきめて来たんですけど…やはり現場の雰囲気というのは独特です。」と、音楽の現場とはまた違う刺激を受けた様子。そしてダンナ=佐々木蔵之介さんと共演してみて「はじめまして、ですぐに、よーいテスト、と(撮影が)始まってしまって。普段は仲の良い方とずっとお仕事をしているので、なんとかお話しできる機会はないかな、と思って、なるべくNGをいっぱい出しました(笑)。(蔵之介さんは)もうあっという間に、受け入れてくれる方でした。演技中も大丈夫だよ、という顔をしてくれて。優しいな、と思って一回笑ってしまいました。」と、和やかな良い雰囲気で撮影は進んだようだ。

映画『夫婦フーフー日記』

5月30日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:佐々木蔵之介 永作博美
佐藤仁美 高橋周平 / 並樹史朗 梅沢昌代 大石吾朗 吉本選江 宇野祥平 小市慢太郎 / 杉本哲太
原作:川崎フーフ「がんフーフー日記」(小学館刊)
監督:前田弘二
脚本:林民夫・前田弘二
製作:「夫婦フーフー日記」製作委員会
企画製作プロダクション:ダブ
配給:ショウゲート
主題歌:「ボイド」LAMP IN TERREN(A-Sketch)
(C)2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会
公式サイト:fu-fu-nikki.com
この記事をツイート

この記事の関連情報