クレイドル・オブ・フィルス「オカルトと暗黒面を描いた、地獄の黒ミサだ」

ツイート

耽美的な世界観とブラックな精神性をヘヴィなサウンドで表現するイギリスを代表するエクストリーム・メタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスが、最新アルバム『ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ』を7月8日に日本先行発売で発売する。

◆クレイドル・オブ・フィルス画像

1991年、ヴォーカルのダニ・フィルスを中心にイギリスのサフォークでクレイドル・オブ・フィルスは結成された。ブラック・メタルのヘヴィネスと畳みかけるブラスト・ビート、ゴス・ロックの漆黒の浪漫、ハマー・ホラー映画の恐怖などを取り入れた独創的な音楽性とビジュアルで一躍時代の寵児となり、以降もメタルシーンで常に特異な存在感を示してきたバンドだ。

そんな彼らが約3年ぶりに放つ最新作『ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ』は、フロントマンのダニ・フィルスが「極限を追求するアルバムで、多くの人々を驚かせるだろう。オカルトと暗黒面を描いた、地獄の黒ミサだ」だと語るように、全編血生臭いエクストリーム・メタルで貫かれている。

収録曲「ライト・ウィング・オブ・ザ・ガーデン・トリプティック」のミュージックビデオが先行公開されるや、そのドラマチックな音楽性や禁断のセクシャリティが物議を醸し出している。アルバム発表に伴いフランス<ヘルフェスト>、ドイツ<ヴァッケン・オープン・エア>、ベルギー<グラスポップ>などのヨーロッパの名だたるメタル・フェスへの出演も決定しており、2015年の夏の最注目のメタルアルバムとしてチェック頂きたいところだ。


メンバー
ダニ・フィルス(ヴォーカル)
リチャード・ショウ(ギター)
アショク(ギター)
ダニエル・ファース(ベース)
リンゼイ・スクールクラフト(キーボード)
マーティン・スカロウパ(ドラムス)

『ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ』クレイドル・オブ・フィルス

2015年7月8日発売
CD \2,500+税
1.ワルプルギス・イヴ
2.ユアーズ・イモータリー…
3.インシュラインド・イン・クリマトリア
4.ディフラワーリング・ザ・メイデンヘッド、ディスプレジャリング・ザ・ゴッデス
5.ブラッケスト・マジック・イン・プラクティス
6.ザ・モンストラス・サバト(サモニング・ザ・コヴン)
7.ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ
8.ライト・ウィング・オブ・ザ・ガーデン・トリプティック
9.ザ・ヴァンパイア・アット・マイ・サイド
10.オンワード・クリスチャン・ソルジャーズ
11.ブラッディング・ザ・ハウンズ・オブ・ヘル
12.キング・オブ・ザ・ウッズ(ボーナストラック)
13.ゼリコルド(ボーナス・トラック)

◆クレイドル・オブ・フィルス『ハンマー・オブ・ザ・ウィッチズ』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報