ロジャー・ウォーターズとニック・メイスン、母校で再会

twitterツイート

ピンク・フロイドのニック・メイスンとロジャー・ウォーターズが木曜日(5月28日)、彼らが初めて出会った場所――ロンドンの建築学校(リージェント・ストリート・ポリテクニック/現ウェストミンスター大学)――にバンド結成50周年を記念し設置された銘板の除幕式に出席した。

◆ロジャー・ウォーターズとニック・メイスン画像

ファンならご存知の通り、同級生だったロジャー・ウォーターズ、ニック・メイスン、リック・ライトの3人は、ここでピンク・フロイドの前身となるバンド、シグマ6を結成。同校で開かれたパーティーで初めてパフォーマンスした。

銘板には「ピンク・フロイド : 1962-1965 ニック・メイスン、ロジャー・ウォーターズ、リチャード・ライトはリージェント・ストリート・ポリテクニックで学び、バンドを結成した」と記されている。

ウォーターズは「僕らはものすごく嬉しく思っている。光栄だ」と、メイスンは「今日はとても重要な日だ」と話した。2人は学生時代、政府から交付された助成金を「主にカレーに使った」(メイスン)、「僕はベース・ギターだった」(ウォーターズ)と、当時を懐かしんだ。

バンドについては「もし僕らが(オーディション番組の)ブリテンズ・ゴット・タレントに出ていたら、予選さえ通らなかったと思う」(メイスン)、「僕らは忌々しいほどひどかった」(ウォーターズ)と評した。

また、「バンドのとても重要なパーツで、学生時代を形作ってくれた」とライトを追悼。除幕式には、やはり同校に通っていたというライトの奥さんが出席した。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報